Easy Music Reviews

気なった洋楽をとりあげています。音楽や時間を共有できれば嬉しいです。 -I'm happy if we can share time and music through a review.-
Easy Music Reviews Top  >  2013年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 |

Remedy by Kaci Battaglia



Writers: Kaci Battaglia, Michael Grant
Length: 3:40
Year: 2010
Album: Bring It On


才色兼備アーティスト、Kaci Battagliaの粒揃いのアルバムから。
ハスキー・ヴォイスで、愛情に満たされた日々を歌う甘いラブソング。これ以外の曲もダンサブルでオサレ、ポジティブなものばっかりですが、この曲がメロディの流れやキャッチーさが際立ってバランスがいいと思います。ピアノが特にいいですね。


The excellent album of the artist Kaci Battaglia of beautiful and intelligent.
Husky voice, sweet love song singing the days she is satisfied with the affection. Music other than this fashionable danceable. I think songs are often positive, but the balance is good and the catchy melody stand out this song. Piano is good in particular.





続きを読む
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:0 | トラックバック:0 |

Love... Thy Will Be Done by Martika



Writers: Martika, Prince
Length: 5:02
Year: 1991
Album: Martika's Kitchen


Princeも参加したが、過小評価気味のアルバムから。
粛々と続く印象的なリズムと美しいメロディのゴスペル・ライクな曲で、Princeとの共作で、何とも神聖な雰囲気があり、コーラスも素晴らしく聴きごたえがあります。サウンドはいかにもPrinceって感じで、よく計算されたものになっています。歌詞の内容の割に、それほど重々しくはないので、みんなにも知って欲しい名曲です。


This album is an underestimate regardless Prince has also participated in the production.
This song is a collaboration with Prince. Beautiful melody and rhythm impressive followed quietly, it is worth listening nice chorus there is a sacred atmosphere in the gospel-like. It becomes the sound was calculated well because Prince is making. It is a excellent piece of music I want to know everyone.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
M | コメント:0 | トラックバック:0 |

All of the Lights by Kanye West



Writers: Kanye West, Jeff Bhasker, Malik Jones, Warren Trotter
Length: 4:59
Year: 2011
Album: My Beautiful Dark Twisted Fantasy


超大物プロデューサーが世に問う、ヒップ・ホップの概念を超越した芸術性の高いアルバム。
とにかく、ゴージャスなんですよ。楽器から音作り、バック・ボーカルのゲスト陣まで、一見やり過ぎかと思えるくらいです。Rihannaの突き放した歌い方カッコいい。音圧はあまりなく、ヒップ・ホップというよりポップス寄りなので、ヒップ・ホップが苦手な方も偏見なく聴いてみてほしい。
PVでは、Fergieのパートがカットされているんですよね。どうしてかな?


Album highly artistic that transcends super producers ask the world, beyond the concept of hip-hop.
Anyway, this is gorgeous that the guests, the background vocals and musical instrument. Rihanna sings Cool. Not much sound pressure. It is closer to pop rather than hip-hop. I want you to try to listen without prejudice some people hip hop is not good.
In music clip, part of Fergie is not. Has been cut?





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:0 | トラックバック:0 |

Animal by Def Leppard



Writers: Joe Elliott, Phil Collen, Steve Clark, Rick Savage, Robert John "Mutt" Lange
Length: 4:02
Year: 1987
Album: Hysteria


悲劇を乗り越えて完成させ、カラフルな表情を持つアルバムから。
イントロのギター・リフからアドレナリンが分泌されるね。そして、ワイルドに最後まで一気に疾走していく気持ちの良さがある。オープニングからエンディングまでのドライブ感が堪らない。ちょっと、スイッチ入れたい時に、聞けばモードの切り替えできますよ。サウンドはヘヴィなんだけどポップなので、ハード・ロック・ビギナーにも聴いてほしい。


It was completed through tragedy, from album with a colorful expression.
I adrenaline secreted by the guitar riffs intro. There is a good point of feeling to go along the way to the last. If you want to put the switching, you can switch over to mood then you heard. Sound is a heavy but it is pop. So I want you to listen to hard rock Beginner.





このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |

Rolling in the Deep by Adele



Writers: Adele Adkins, Paul Epworth
Length: 3:48
Year: 2010
Album: 21


グラミー賞を取りまっくた21の先行シングル。
若い割に年季の入った、貫録十分のソウルフルな発声ですよね。初めて聴いたとき、まさかこんなに若い人だと思えなかった。声の質などから、酸いも甘いも噛み分けてきたキャリアの持ち主かと勝手に想像してました。バックのコーラスがカッコイイ。特に後半の畳み掛けてくるところは、その迫力に追い詰められそうになるスリリングさがある。


"21" won the Grammy Awards.
It is the utterance that dignified presence enough is soulful. When I heard the first time, did not seem to be a young person so surely. Back chorus is cool. The voices and instruments presses of ending, there is a thrilling is that about to be cornered in the force.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
A | コメント:0 | トラックバック:0 |

Speed of Sound by Coldplay



Writers: Chris Martin, Jonny Buckland, Guy Berryman, Will Champion
Length: 4:49
Year: 2005
Album: X&Y


言わずと知れた、大ヒットCDのX&Yからのシングル。
イントロ、カッケー。これ、第一印象。ピアノの反復が素晴らしい。久々にイントロから撃沈されました。Coldplayのピアノは以前から気にはなっていたのですが、アレンジャーの影響なのか憎たらしいくらい洗練されましたね。流れるように展開してゆくメロディはしなやかでいながら力強い。それでいて、出しゃばらない。勉強・仕事しながら聞いても、差支えないです。


Needless to say, single from X&Y of blockbuster CD.
Cool Intro. This first impression. Iteration of the piano is great. The intro got to me for the first time in many years. Coldplay piano I had been in the care of before, but it was sophisticated whether it was the influence of the arranger. Melody to expand it to flow is strong, it is not obtrusive. Even listening to while studying and work, it is no problem.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
C | コメント:0 | トラックバック:0 |

One for the Mockingbird by the Cutting Crew



Writer: Nick Van Eede
Length: 4:23
Year: 1986
Album: Broadcast


一発屋的な扱いを受けているバンドの意外といい曲。
大ヒット・シングル(I Just) Died in Your Armsのあとにリリースされた曲で、しっとりした感じの(I Just) Died in Your Armsに対して疾走感があるエネルギッシュなロック作品。Nick Van Eedeの哀愁あふれる歌い方と、ノリノリのこの曲とのギャップにハマりました。ギター・ロックがお好きな方、80'sのニュー・ウェイヴ・テイストのギター・ロック・バンドはいかがですか。


It is a tune that was released after the hit single "(I Just) Died in Your Arms". It is an energetic rock music with a feeling of scamper for "(I Just) Died in Your Arms" of the quiet feeling. I liked the gap between this song of high spirits and full of melancholy singing of Nick Van Eede. Those guitar rock enthusiasts, try to listen the guitar-rock band New Wave of 80's.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
C | コメント:0 | トラックバック:0 |

Complicated by Avril Lavigne



Writers: Avril Lavigne, Lauren Christy, Scott Spock, Graham Edwards
Length: 4:03
Year: 2002
Album: Let Go


17歳の時のデビュー・アルバムから。
歌詞は「周りの目を気にして、つい自分を偽ってしまう人々」を描いています。思春期における行動の一つかもしれませんが、17歳で自分と同年代の人間を冷静に観察していますよね。詩のテーマの見つけ方に、彼女のセンスを見出すことができます。また、歌詞の内容と比べてキャッチーなメロディは、年相応の初々しさも感じられることでしょう。


The lyrics are written "people who have to care about the eye around, would falsely yourself with". It may be one of action in puberty, she observe calm people age and their own at the age of 17. It is possible to how to find the subject of lyrics, to find a sense of her. Also, compared with the subject that is developed in its lyrics, melody catchy is felt also be for the first time people. Also, compared with the contents of the lyrics, melody catchy is felt also be fresh.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
A | コメント:0 | トラックバック:0 |

The Reflex by Duran Duran



Writers: Duran Duran, Nile Rodgers
Length: 5:29
Year: 1984
Album: Seven and the Ragged Tiger


Duran Duran五人組の最後のアルバムから。
ヒットのツボを押さえた、よく練られた曲です。彼らの傑作でしょうね。ダンサブルでキャッチー、先鋭的なスタイル。そして、MTVにふさわしいヴィジュアル。New RomanticsやBritish Invasionという言葉もありました。彼らはまさに、時代の寵児だったのでしょう。ただこの段階において、常に話題が先行していたために実力を見過ごされていたのも否めませんでした。


It is music worked out well that suppressed the key point of the hit. It must be their masterpiece. It's catchy and danceable. And visual style suitable for MTV. Exactly, they would be new pop icon.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |

"5150" by Van Halen



Writers: Sammy Hagar, Eddie Van Halen, Alex Van Halen, Michael Anthony
Length: 5:44
Year: 1986
Album: 5150


David Lee Rothが衝撃の脱退後のアルバム。
イントロでKOされてしまった。Eddie Van Halenのギター・リフで始まる。高度なテクニックが必要なものを、ニコニコしながら飛び跳ねて弾く姿は超人です。特に、Van Halenの持つ西海岸の爽やかでおおらかなイメージの曲で、野外で聴きたいですね。メロディの流れが極端に変化してゆくので、その辺りに注目しながら聞くのも面白いと思います。エディのソロ・パートもかなりエグイですよ。


From album released after David Lee Roth's withdrawal.
I had been done KO in introduction. It begin with the guitar riffs of Eddie Van Halen. Figure to play by jumping up and down smiling is super. In particular, in the song of image generous and a refreshing West Coast with the Van Halen, I want to hear in the field. Because the flow of the melody extremely changes, I think that it is interesting to hear it.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
V | コメント:2 | トラックバック:0 |

Take Me Home by Phil Collins



Writer: Phil Collins
Length: 5:51
Year: 1985
Album: No Jacket Required


爆発的なセールスのアルバムから。
ツアーの最中に収録されたものなのか、世界中でPhil Collinsが「家に帰りたい」と歌っていたPVがとても懐かしいですね。この曲は、単調ながらもキーボードにセンスがあって、PVの効果も手伝ってかスケール感があり、プチ旅行気分にさせてくれます。多忙な時期なんかに聴けば、いい気分転換になるか、仕事したくなくなるかw 面白い曲ですよ。


An album of explosive sales.
It is something that was recorded during the tour, video clip that Phil Collins was singing "Take Me Home" all over the world. It is very nostalgic. There is a sense in keyboard while monotonous this song. But I feel large scale under the influence of video clip.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
P | コメント:0 | トラックバック:0 |

Lonely Ol' Night by John Cougar Mellencamp



Writer: John Cougar Mellencamp
Length: 3:45
Year: 1985
Album: Scarecrow


当時のアメリカの、光と影が垣間見ることができるアルバム。
アルバムからの1stシングルで、余計な音を省いた、シンプルでストレートなロック・ナンバー。カントリーのテイストもあるかな。そして、PVを見れば、朧げながらアメリカの片田舎の生活の孤独、悲哀などを汲み取ることができます。こういったことをスカッと表現できるのはなかなか簡単なことではありませんよね。彼は、内面を表現するのが上手いアーティストだと思う。
PVがモノクロで、ショート・ムービー風の秀逸さがあります。


Album that can be in the United States at the time, light and shadow glimpse.
Straight rock number that omitted extra sound in 1st single from the album. There is also country style. And we can take consideration into the loneliness and sorrow of the country life of America, if we watch music video. It is not a very simple thing that we can express such a thing. I think that he is a good artist to express the inside.
The music video is excellent like a short movie with monochrome.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
J | コメント:0 | トラックバック:0 |

Walk by Foo Fighters



Writer: Foo Fighters
Length: 4:16
Year: 2011
Album: Wasting Light


ガレージ録音された、彼らの最高傑作の呼び声高いアルバムから。
シングルはいつもの彼ららしく、骨太だけど聴きやすい。アルバム全体にもの凄く勢いが感じられて、久しぶりにロックンロールを体感できますね。曲の後半のDave Grohlのシャウトが彼の魂の叫びに聴こえてきて、いつまでもNirvanaと比較されるのは多少気の毒にも思えますが、これからもシャウトし続けてもらいたい。


The album was recorded garage, and the call of their best masterpiece.
It is easy to hear they like a usual song. Momentum is felt tremendously entire album, and I can feel the rock 'n' roll for the first time in a long time. Shout of Dave Grohl of the ending of the song has been heard to cry of his soul.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
F | コメント:0 | トラックバック:0 |

Take Five by The Dave Brubeck Quartet



Writer: Paul Desmond
Length: 5:24
Year: 1959
Album: Time Out


何回聴いても、何時聴いても、何処で聴いても、飽きることがない名曲。
子供の頃、初めて聴いたとき渋いと思った。学生の頃、深い意味はなく自分にはまだ早いような気がした。いつの間にか、自分のライブラリーの中に納まっている。私にとって、そんな曲でした。
Paul Desmondのアルト・サックスの音色が本当に美しく惹かれますよね。是非、再評価されるべきプレイヤーだと思います。


The excellent piece of music which does not get bored.
When I listened for the first time in a childhood, I thought that it was sour. As a student, there is no deep meaning and I felt that it was still early for myself. I am satisfied in one's library all too soon. For me, it was such a music. Now, It is settled into my CD collection. For me, it was such music.
A tone of the alto saxophone of Paul Desmond is attracted really beautifully. I think by all means that it is the player who should be reevaluated.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |

Calling America by Electric Light Orchestra



Writer: Jeff Lynne
Length: 3:26
Year: 1986
Album: Balance of Power


E.L.O.活動休止前の最後のアルバム。
アルバムは余分な物を削ぎ落としたようなシンプルな構成だが、しっかりとしたエレクトリック・ポップになっています。従来からのファンには物足りなさもあるかもしれません。The Beatlesフリークの優れたメロディ・メーカーで、名プロデューサーでもあるJeff Lynneのセンスの総決算とも言えそう。
イギリスのバンドでありながら、タイトルからも極めてアメリカン・ポップス風の曲です。テンポのよいメロディに爽やかなコーラスが気持ちいい作品です。


The last album before the activity stop.
Album is a simple structure, such as a stripped-down an extra, but it is the electric pop. The fan from the former may have thing insufficient. It is the compilation of Jeff Lynne which is also a producer by the great melody maker.
Though it is a British band, it is music very of the American pop style from a title. It is the work a refreshing chorus melody is comfortable in a good tempo.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:0 | トラックバック:0 |

Be Good to Yourself by Journey



Writers: Jonathan Cain, Steve Perry, Neal Schon
Length: 3:51
Year: 1986
Album: Raised On Radio


メンバーが脱退して3人組になってしまったJourneyのアルバムから。
「俺達はラジオで育った。」MTV中心のプロモーション時代へのアンチテーゼなのか、このタイトルは良いですよね。そして、ジャケットもまたキレイ。当然、PVも作らない。
爽やかなコーラス、エネルギッシュなSteve Perryの声、アメリカン・ロック・バンドが気持ちよく駆け抜けてます。エンディングのNeal Schonのギターが羨ましいくらいロックしててかっこいい。


Member of the Journey became the trio.
Is it an antithesis? "We were Raised on Radio" to the MTV era. This title is so good and jacket is also cool. Of course, it is not even made video clip
American rock band run through with the voice of energetic Steve Perry and clear chorus. Guitar of Neal Schon of ending is cool.






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
J | コメント:0 | トラックバック:0 |

Rain by Madonna



Writers: Madonna, Shep Pettibone
Length: 4:17
Year: 1993
Album: Erotica


サウンド、プロモーション面も含んで、賛否両論あるアルバムから。
これまでに全てやり尽くしてしまったのか。5枚目のアルバムは、「暗い」とか「アングラ」だとか、当時言われてましたけど、クラブ系を開拓しようとしていたのですかね。個人的にクールでイイと思いますが・・・
坂本龍一がPVに出演(監督ですか?)しているので話題になってましたね。PVはとても綺麗な映像で、メロディの美しさと相まって、Madonnaの魅力が全開でした。


Her fifth album. It was said it is underground and dark music at the time. Was she trying to find new market for her music? But I think so cool CD.
It was a hot topic Ryuichi Sakamoto appeared(as a Director?) in video clip. Video clip is a very beautiful image, Madonna was attractive coupled with the beauty of the melody.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
M | コメント:0 | トラックバック:0 |

People Have the Power by Patti Smith



Writers: Patti Smith, Fred Smith
Length: 5:07
Year: 1988
Album: Dream of Life


正統派ロッカーの9年振りの復帰作から。
アルバムの1曲目で、1stシングル。早速、真正面からロックしてます。ロックにも時代の移り変わりの中で、様々な様式があるけど、彼女の場合、今回はシンプルに内面から湧き上がるスタイルで勝負してきた。
それにしても、Patti Smithは絵になる女性だなと思う。ファッションもカッコイイ。孤高のパンクの女王のイメージが強いからかな。母親になって出してきたこのアルバムは、何処となく優しい雰囲気がある。


She Returned the scene for the first time in nine years.
In the first track of the album, 1st single. It's a straight rock tune. Her image of the queen of punk music is strong. But this album has been out to become a mother, there is a friendly atmosphere.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
P | コメント:0 | トラックバック:0 |

Aria On Air by Malcolm McLaren Presents The World Famous Supreme Team Show

Writer: Malcolm McLaren
Length: 4:08
Year: 1990
Album: Operaa House - Aria On Air (Maxi-Single)


Léo DelebesのThe Flower Duetをモチーフにしたクロス・オーバー作品。
ラップ、ヒップ・ホップ、ハウス、そしてオペラを融合させていく、「センス」が光ります。楽器を演奏することが出来ないミュージシャンMalcolm McLarenの目の付け所はアヴァンギャルドそのもので、時代を先取りしてましたよね。
Monalisa Youngをフィーチャーし、オペラLakméから、有名な「花の二重唱」をベースに編み出されたもので、Yanniとの共作と呼べるかもしれません。アルバム「Round the Outside, Round the Outside」に収録されている、「Operaa House!」の方がよりミクスチュア感が強く、ビートが効いてます。


A cross over work with The Flower Duet of Léo Delebes as a motif.
Fusing opera rap, hip-hop, and House, the sense of his great. The point aimed at of musician Malcolm McLaren which did not play a musical instrument was ahead of the times in avant-garde itself.
The featuring Monalisa Young, this work might call his co-written with Yanni. A beat works more "Operaa House!" recorded in album "Round the Outside, Round the Outside".





このエントリーをはてなブックマークに追加
M | コメント:0 | トラックバック:0 |

Sanctify Yourself by the Simple Minds



Writer: Simple Minds
Length: 4:57
Year: 1985
Album: Once Upon A Time


ニュー・ウェーブ・バンドがアメリカで大成功したアルバムから。
ボーカルのJim Kerrの歌い方がいいですね。なんか、ガツンと気合が入るというかスイッチが切り替えられるというか。そこが、スカッとするんですよね。それとシンセが効果的に使用されていて、煌びやかな印象を与えてくれます。「清める」といっても宗教的な重たいものは何もありませんから、当時の「旬」のバンドを気楽に楽しめる曲です。


Singing of Jim Kerr of the vocal is good. Somehow, it is the music to which a switch can be changed. I feel refreshed. The synth is being used effectively, giving the impression and sparkling beauty. There is nothing heavy religious to say that a "Sanctify". It is a tune to be able to enjoy a comfortable band at the time.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
S | コメント:0 | トラックバック:0 |

So Yesterday by Hilary Duff



Writers: Lauren Christy, Scott Spock, Graham Edwards, Charlie Midnight
Length: 3:33
Year: 2003
Album: Metamorphosis


ディズニー・チャンネルの人気者のアルバムから。
番組自体見たことはありませんが、人気者に相応しいポップな曲で、先行シングルとして「つかみ」は十分に果たしましたよね。結構、あっちこっちで流れていたのが耳に入ってきましたから、相当ヒットしたんじゃないでしょうか。あま~い歌声が印象に残っています。
しばらく経って、自由奔放な少女をキャラクターにした、PVを見ました。「仕返し」と「未練」がテーマだったんですね。


The song became a hit quite as first single of the album. "So Yesterday" was able to hear in various places. I was impressed she sings in sweet singing voice. It's a catchy song.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
H | コメント:4 | トラックバック:0 |

There'll Be Sad Songs (to Make You Cry) by Billy Ocean



Writers: Billy Ocean, Wayne Brathwaite, Barry Eastmond
Length: 4:55
Year: 1986
Album: Love Zone


大ヒットしたアルバムから。
トリニダード・トバゴ出身。これだけでも十分に目を惹きますよね。カリブ海のトロピカルな雰囲気がする場所なんですかね(勝手な妄想)。この作品は打って変わって、非常に洗練されたアーバンな雰囲気のバラードです。Billy Oceanの高音が美しく、豊かな声量と共に情感を訴えてきます。ドラマチックな美メロを求めている方、是非、御一聴を。


Trinidad and Tobago from. This alone I think you attract your eyes well. There Is that where the tropical atmosphere of the Caribbean is. This work is the ballad of the urban atmosphere that is very sophisticated. Treble of Billy Ocean is beautiful. His rich volume of voice comes appeals to emotion.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |

That's What Friends Are For by Dionne Warwick, Elton John, Gladys Knight and Stevie Wonder

Writers: Burt Bacharach, Carole Bayer Sager
Length: 4:14
Year: 1985
Album: Friends


エイズ対策の基金へのチャリティー・ソング。
Burt Bacharachの感動的なメロディと大御所達のハーモニーがドラマチックな名作です。曲のはじまりのStevie Wonderのハーモニカが、いい味をだしており、Dionne Warwickの声が、甘美に語りかけるように歌います。Elton JohnとGladys Knightの力強い歌い方もこの作品の雰囲気を盛り立てています。後半が圧巻で鳥肌ものです。
チャリティー・ソングが作品として、高い評価を受けるのは心の底から気持ちいいですよね。


An impressive melody of Burt Bacharach and the harmony of influential figures are dramatic masterpieces. The harmonica of Stevie Wonder of the beginning of music is good, voice of Dionne Warwick seems to speak to sweet.
Charity song's acclaimed It feels good from the bottom of my heart.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |

Falling Down by Selena Gomez & The Scene



Writers: Ted Bruner, Trey Vittetoe, Gina Schock
Length: 3:05
Year: 2009
Album: Kiss & Tell


子役としてのキャリアも十分なSelena Gomezのデビュー・アルバムからの先行シングル。
かなり以前から、本人は歌手志望であったということもあってか、元気いっぱいの陽気な曲やバラードもありで、デビュー・アルバムにしては充実の作品です。
シングルFalling Downは、ポップなロック調のナンバー。年齢層を選ばず、ノリが良くって皆で盛り上がれる曲です。


The debut album is the work of enhancement. Falling Down is a number of a pop rock tune. Without choosing the age group, everyone can enjoy the song because of upbeat.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
S | コメント:0 | トラックバック:0 |

In These Arms by Bon Jovi



Writers: Jon Bon Jovi, David Bryan, Richie Sambora
Length: 5:19
Year: 1993
Album: Keep the Faith


Bon Joviが骨太になって帰ってきた。
このアルバムからBob Rockをプロデューサーに迎え進化が感じられますが、相変わらずキャッチーで、メロディ・ラインが素晴らしいですね。ロマンティックな歌詞をJon Bon Joviが情熱的に熱唱してます。彼のハイトーンはなかなか聴かせてくれますよね。哀愁やせつなさを表現するのが、上手いボーカリストなんでしょうね。爽快感を味わいたくなったら、ベスト・チョイスの一つになること請け合い。


Although Bob Rock is invited to a producer from this album and evolution is felt, it is catchy as usual and a melody line is wonderful. Jon Bon Jovi has sang passionately romantic lyrics. His high-pitched voice is made to hear it very much. I think he is a good vocalist to express sorrow, sadness and painfulness.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |

Tripping by Robbie Williams



Writers: Robbie Williams, Stephen Duffy
Length: 4:36
Year: 2005
Album: Intensive Care


元Take Thatのメンバーのアルバムから。
Intensive Careからの1stシングル。PV見ても、歌詞を聴いていても、モチーフがよくわかりませんでした。自分には難解だった。あちこちの場面の展開がTrippingってことかな。にもかかわらず、曲はレゲエちっくなリズムで、ふわふわ感が楽しい曲。Robbie Williamsのファルセットのパートは御見事。後半に行けば行くほど、心地よくなる。


Rhythm like reggae music, the music is funny that feelings of drift in the air. The part of falsetto of Robbie Williams is brilliant. It becomes comfortable so as to go if I go in the ending.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
R | コメント:0 | トラックバック:0 |

Your Love by The Outfield



Writer: John Frederick Spinks
Length: 3:36
Year: 1986
Album: Play Deep


アメリカンなサウンドのイギリスの3人組のデビュー・アルバム。
デビュー・シングルは、シンプルでストレートなメロディのいかにも80'sな音作りはアメリカでスマッシュ・ヒットしました。キャッチーで聴きやすいサウンドとボーカルのTony Lewisの高いキーの歌声は疾風と共に爽やかです。そこに彼らのハーモニーが加われば、アメリカの風が吹いてきます。国内でも受けそうなグループなので、機会があれば是非。


Debut single is a straight melody. Sounds and 80's really was smash hit in the United States. Voice high key Tony Lewis of vocal sound and easy to hear catchy is refreshing with the gale. Because it is a catchy group in Japan, listen to this if you have a chance.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:0 | トラックバック:0 |

Womanizer by Britney Spears



Writers: Nikesha Briscoe, Rafael Akinyemi
Length: 3:44
Year: 2008
Album: Circus


起死回生のアルバムからの1stシングル。
Womanizerってなんか中毒性ありませんか。私の場合、しばらく耳にこびり付いてて、朝から頭の中でループしていましたからw とにかくサウンドが尖っていて、カッコイイですね。ダンス・ナンバーなので、クラブで大音量で流れてきたら、ノリまっくてサイコーかも。
まぁ、私生活でのゴタゴタを一蹴してしまう程の破壊力を持ったチューンとBritney Spearsのパワーに感服しますね。


I think you addictive "Womanizer". It stays in your head for a while. Anyway, It is a cool sound is sharp. If it came through loud in night club, it will be terrific.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |

You're in Love by the Ratt



Writers: Juan Croucier, Stephen Pearcy
Length: 3:12
Year: 1985
Album: Invasion of Your Privacy


Ratt'n Rollという言葉を生んだバンドのメジャー2作目のアルバムから。
小気味いいリフで始まり、Stephen Pearcyのセクシーで妖しいボーカルが炸裂する、爽快なロック・ナンバー。エッジの効いたツイン・ギターでメタル・シーンでも存在感の十分のバンドでした。アメリカ西海岸の明るいヘヴィ・メタルと派手なビジュアルで人気もありました。まさに、L.A.メタルの華であったといえます。メタル初心者に格好の曲です。


From the album of his second major of the band gave birth to the word Ratt'n Roll.
Begins with a riff good feeling, mysterious vocals explodes sexy Stephen Pearcy, exhilarating rock number. It was a band full of presence in metal scene in the twin-guitar and edgy. There was also a popular fancy visual and heavy metal bright American west coast. Indeed, it can be said that it was the center of the LA metal. It is a tune of metal suitable for beginners.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
R | コメント:0 | トラックバック:0 |

Somebody to Love by the Queen



Writer: Freddie Mercury
Length: 4:56
Year: 1976
Album: A Day at the Races


Freddie Mercuryの圧倒的な歌唱力とQueenのコーラスを堪能できる一曲。
前作にあたるA Night at the Operaと今作のA Day at the Racesの両アルバムは、これで一組という人達も多くクオリティが高い作品群です。が、これでQueenの第一期は終了と言えるかもしれません。そのせいか、初期Queenを思う存分味わうのにぴったりです。歌詞は、タイトルからしても多少のバカバカしさもありますが、メロディは非常に秀逸で、彼らの傑作の一つでしょう。
Freddie Mercuryの追悼ライブでのGeorge Michaelのカバーも感動的でしたね。


A song that you can enjoy the chorus of Queen and the overwhelming power of singing Freddie Mercury.
Both album of "A Day at the Races" of work now falls on previous work with "A Night at the Opera" is the work group quality is high that many people in this one set. But it might say the first phase of the Queen and finished. It is good to enjoy the initial Queen Melody would be one of the masterpieces of them at the very excellent.
Cover of George Michael at the memorial live Freddie Mercury that was impressive.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

ブログランキングならblogram にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



ソニーストア

WOWOW

サントリーウエルネスオンライン

ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)

ファンケルオンライン

ソニーストア

Bose SoundSport in-ear headphones

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。