Easy Music Reviews

気なった洋楽をとりあげています。音楽や時間を共有できれば嬉しいです。 -I'm happy if we can share time and music through a review.-
Easy Music Reviews Top  >  2013年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 |

Big Love by Fleetwood Mac



Writer: Lindsey Buckingham
Length: 3:37
Year: 1987
Album: Tango in the Night


伝説の豪華メンバーの最後のアルバムから。
大変美しく高い芸術性を感じるジャケット。アルバムの1曲目にして、1stシングル。何かを期待させるような、スリリングなスパニッシュ風のギターで始まるオープニングは本当に、クールです。このバンドはボーカルが3人いて、この曲はLindsey Buckinghamの担当。シンプルなリズムに彼のパワフルな声が響いてきます。エンディングの掛け合いも官能的でスリル満点。


From the last album of gorgeous members of the legend.
Jacket feel very beautiful high artistic quality. In the first track of the album, 1st single. Opening that begins like to expect something, the guitar of Spanish-style thrilling is really cool. This band in charge of Lindsey Buckingham this song to have three people vocal. Powerful voice of his comes to rhythm sounded simple. Thrilling ending of negotiations also sensual.





続きを読む
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
F | コメント:0 | トラックバック:0 |

The Cave by Mumford & Sons



Writers: Ted Dwane, Ben Lovett, Marcus Mumford, Country Marshall
Length: 3:40
Year: 2010
Album: Sigh No More


デビュー・アルバムから大ブレイクした、フォーク・バンドのシングル。
ドラム不在のユニークさとボーカルの声にアジがあります。ブルーグラスやカントリーとも言われているけど、泥臭さは全くありません。現代的な音で彼らの世界観が表現されています。昔からの伝統的な音を期待すると、間違いなくズッコケます。
PVが、微笑ましく、映像も美しくて、ほっこりします。


It was a big hit from his debut album of folk band.
There is the voice of the vocal uniqueness and absence of the drum. It is said to be the country and bluegrass, but there is no funk. They have been expressed in modern sound. If you expect the traditional sounds of old country music, it is disappointing.
Music Video is beautiful and peaceful.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
M | コメント:0 | トラックバック:0 |

Don't Talk Just Kiss by Right Said Fred with Jocelyn Brown



Writers: Richard Fairbrass, Fred Fairbrass, Rob Manzoli
Length: 4:01
Year: 1991
Album: Up


衝撃のデビュー・アルバムからの2枚目のシングル。キャラが立ち過ぎのせいか、彼らの音楽性についての評価が、大きく分かれてしまっているのが残念。
Don't Talk Just Kissは、ダンス・ポップとしては上手くまとまっていて、陽気な曲。あと、バック・ヴォーカルを務めるJocelyn Brownのハスキーな声がイイ。良く出来たメロディを何も考えずに、流していると、それだけで前向きになれますよ。


Second single from the debut album of shocking. It is unfortunate that an evaluation about their musicality is greatly divided.
Don't Talk Just Kiss the cheerful song. A husky voice of Jocelyn Brown of the back vocalist is good. Anything without thinking a melody that was well done. You’ll get used to positive.
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
R | コメント:0 | トラックバック:0 |

More Than This by the Roxy Music



Writer: Bryan Ferry
Length: 4:30
Year: 1982
Album: Avalon


数多のメンバーの変遷を繰り返してきた、ロキシーのラスト・アルバムにして最高傑作の呼び声高いAvalonの中からのご案内。
まさに美メロ。そこにBryan Ferryのヴォーカルがグイグイと、彼のダンディズムの押し付けてくるが、これが嫌味になるどころか、相乗効果としてニュー・ロマンティクス・サウンドを形成している。大人のロックに興味がある方は、Roxy Musicがいざなう、エレガントで洗練された音の世界へトリップしてみませんか。


Repeated the change of a great number of members, guidance from Avalon where they make an album in the last, and the call of the best masterpiece is high-pitched of Roxy Music.
Just beautiful Melody. Vocals of Bryan Ferry is pressing of dandyism and his steadily. But this is far from be sarcasm, so as to form the New Romantics sound as synergy. If you are interested in rock music of adult, why not to trip to the world of sound that is elegant and refined.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
R | コメント:0 | トラックバック:0 |

The Reason by the Hoobastank



Writers: Douglas Robb, Dan Estrin, Chris Light Hesse, Markku Lappalainen
Length: 3:53
Year: 2004
Album: The Reason


アルバムThe Reasonの中では異色の部類に入るであろうロック・バラードを、奇を衒わないで、真っ直ぐで美しいメロディにのせてDoug Robbがナイーブに熱唱しています。このストレート感が、日本人には心地よく、受け入れやすいものとしていますね。
このCDは、全体通しても非常に聴きごたえがあり、クオリティも高いので、洋楽初心者に打って付けとなっております。友達に推薦しやすいCDだね。


The rock ballad that a unique class will contain in album The Reason. Doug Robb has to sing is in tune with a beautiful melody straight, he does not make a show of eccentricity. It was comfortably for Japanese people.
There is listen very well through the entire, also because of the high quality. This CD is ideal for a Western music beginner. It's CD that is easy to recommend to friends.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
H | コメント:0 | トラックバック:0 |

Summer Song by Joe Satriani



Writer: Joe Satriani
Length: 5:00
Year: 1992
Album: The Extremist


一度や二度、どっかで耳にしたことがあると思います。ロックで且つインストゥルメンタルとなると、聴き手を選ぶ場合が多々ありますが、Summer Songに関しては杞憂ですね。テクニックに関しては言わずもがな、メロディアスでキャッチーでありながら、ギター・キッズやロック・ファンをも惹きつけている。やっぱり、ギター先生は凄い。
この曲のスピード感やリズムが大好きで、フェスに行きたくなるような曲ですよね。


I think you've heard it somewhere one time or another. When it comes to instrumental music and rock, there are many cases to choose an listener, but it is groundless for Summer Song. Goes without saying, catchy melodious, it is also attracting the rock fans and guitar kids for his technique. After all, Guitar Professor is great.
I love the rhythm and sense of speed of this song, it is songs such that want to go to the rock festival.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
J | コメント:0 | トラックバック:0 |

Stars by Switchfoot



Writer: Jon Foreman
Length: 4:20
Year: 2005
Album: Nothing Is Sound


きっとJon Foremanは、真面目な男に違いない。そう思わせる作品。決してつまらないとか駄作っていう意味じゃないよ。詩の内容が、哲学的であり内省的でもある。自分自身を見つめて、中から搾り出してくる様な、エネルギーを見ることができる。クリエイティブな職業の成せる技みたいな。こうして、出来上がったのがStars。遠くにある星と近くの足元との両方をしっかりと見ることによって、何かの解決の糸口を見出そうとしている歌なんですね。変則的な展開もあり、意外性のある物を求めている方はいかかがですか。


Jon Foreman must be serious man. Work to make you think. Content of poetry is introspective and philosophical. Staring at himself, he can see his energy. It's just Creative Occupation. In this way, "Stars" is finished. By looking firmly with both feet the nearby and stars at a distance, it was song he's trying to find a clue of something.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
S | コメント:0 | トラックバック:0 |

Days Go By by The Offspring



Writer: The Offspring
Length: 4:01
Year: 2012
Album: Days Go By


オヤジ達が、爽やかに突っ走っている、そんな曲。賛否両論あった前作Rise and Fall, Rage and Graceから、早4年経ちましたね。The Offspringがここまで爽やかなシングルを持ってきたのは、珍しいね。彼らもベテランと呼ばれるようになり、落ち着いてきたのか、時節でも見計らっていたのかな。そして、心なしかおとなしめのサウンドながら、広大な大地を、駆け抜けるような気持ちよさ、大好物ですね。


Previous work "Rise and Fall, Rage and Grace", time passed four years early. The Offspring's brought a refreshing song. They will also be known as the veteran, they have settled down. The sound is more or less obedient, comfortably like run through a vast land. I like this one.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:0 | トラックバック:0 |

Gotta Be Somebody by Nickelback



Writers: Chad Kroeger, Ryan Peake, Mike Kroeger, Daniel Adair
Length: 4:13
Year: 2008
Album: Dark Horse


ゴリゴリの骨太ロックが聴きたくなり、Nickelback。爽やかで、素直に聴いていて気持ちのいい曲。激しい音やNickelbackを初めて聞く人々に絶賛されてます。(私調べ) ロックでここまでストレートに商業的だと、それだけで毛嫌いする方達もいますが、小手先のテクニックに逃げないでシンプルでストレートに聴かせてくれるのは、非常に清々しくて個人的にも称賛したいです。私は、しばらくこれにハマって、一時こればっかり聴いてましたね。


I want to listen to sturdy rock music. A refreshing song I listened. It is acclaimed to people who hear the first time this song. Some people who dislike that's commercially rock music, but they play straightly, I would like to praise as well. I addicted to this tune for a while, I listened to only this. (lol)





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
N | コメント:0 | トラックバック:0 |

Cheer Down by George Harrison

Writers: George Harrison, Tom Petty
Length: 4:08
Year: 1989
Album: Lethal Weapon 2


映画「リーサル・ウェポン 2」のエンディングで流れてきました。George Harrisonの歌声が哀愁を帯びており、映画のエンド・ロール部分と重なると、妙な寂寥感があったのを思い出しました。
後日、Best of Dark Horse 1976–1989を購入し、聴いてみるともの寂しさなんて全く無かった。George Harrisonの滑らかなギター・サウンドがそこにはあった。詩の方もとてもポジティヴで暖かい気持ちになれます。
Cheer Downの意味、解る方いらっしゃったら、教えてください。


I came through the ending of the movie "Lethal Weapon 2". Singing voice of George Harrison is tinged with melancholy, and overlaps with the end-roll part of the movie I remembered there was a strange sense of loneliness.
At a later date, I bought "Best of Dark Horse 1976-1989", there was no desolation when I listened. There were there smooth guitar sound of George Harrison. The lyrics is also used to warm feelings.
Anyone, Tell me the meaning of "Cheer Down". Plz.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
G | コメント:0 | トラックバック:0 |

You Can Call Me Al by Paul Simon



Writer: Paul Simon
Length: 4:39
Year: 1986
Album: Graceland


1986年のアルバムにも関わらず、1986、1987と2度もグラミー賞を受賞した名盤でありながら、当時の政治的な問題作でもある。
南アフリカの民族音楽を混ぜ込んで作られているから、とにかく陽気なアフリカのビートとそれに呼応するようなPaul Simonの歌声もまた明るい。トランペットも花を添えるように楽しい。歌詞が日本語でいうところの「字余り」感があって、メロディとのバランスも感覚的にとっても面白い曲です。


While being a masterpiece, which won the Grammy Award for the second time despite the album of 1986, it is also a problem work political at the time.
It is a cheerful beat of Africa anyway because it is made crowded mix folk music of South Africa, and also bright singing voice of Paul Simon, such as in response to it. Fun trumpet as attach the flower. There of place to say the lyrics in Japanese feelings of "character overplus", balance between melody and lyrics are also very interesting sensuously song.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
P | コメント:0 | トラックバック:0 |

Torn by Natalie Imbruglia



Writers: Scott Cutler, Anne Preven, Phil Thornalley
Length: 4:06
Year: 1997
Album: Left of the Middle


女優、モデル、複数の顔を持つシンガーのデビュー・アルバムから。
若干ハスキーがかった声に、ドラマチックなメロディラインで一服の清涼剤みたいな曲。以前はTVなどでも良く耳にしたので有名ですよね。実は、キャッチーなメロディとは裏腹の失恋ソングなんです。「引き裂かれた」みたいな。
ちなみに、オリジナルはアメリカのバンドEdnaswapで、有名なところではTrine Reinもカバーしています。まぁ、何といってもNatalie Imbrugliaのバージョンで一躍有名になった曲です。


Husky voice tinged slightly. Songs such freshener like a potion in the melody line dramatic. It is famous because often heard even on TV commercial before. Actually, This is a broken heart song Despite the catchy melody. Like that "torn".
By the way, the original of this song is a band Ednaswap of America. Trine Rein also covers. Well, this song became famous in the version of Natalie Imbruglia.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
N | コメント:0 | トラックバック:0 |

I Need Your Love by Boston



Writers: Tom Scholz, Fred Sampson
Length: 5:33
Year: 1994
Album: Walk On


ボーカルのBrad Delpが脱退後に発表されたアルバム「Walk On」の1stシングル。日本だと、考えられませんよね、ボーカル交代。しかし、新しいボーカルもなかなか聴かせてくれます。
1分以上の長いイントロから始まりますが、相変わらずの音の厚み。重ねまっくてます。それでいてキャッチーでメロディアス。どんな音楽が流行していても、自らのしっかりとスタンスを持っている。これぞBostonって感じです。


1st single "Walk On". This Album was released after Brad Delp of vocal who left. It starts from a long intro of 1 minute or more, but the thickness of the sound as usual. What kind of music even in the epidemic, They have a stance firmly on their own. This sound is "Boston".





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |

We Belong by Pat Benatar

Writers: Eric Lowen, Dan Navarro
Length: 3:42
Year: 1984
Album: Tropico


アコースティック・ギターが素晴らしい。曲自体は、非常にシンプルで繰り返しのフレーズが多く、聴く人によっては、退屈な印象を持つかもしれない。でも、それがこの曲の魅力なんです。静かにPat Benatarの声が入ってくる、ギターが段々と存在感を増してくる、Pat Benatarがせつせつと歌う。
きれいな旋律とボーカル、これだけで十分満足を得られる作品です。後半に登場するコーラスがまた美しく、We Belongの格調高いものにしています。


Acoustic guitar is great. Repeated phrase of a very simple, some people may have a boring impression. But, it is attractive of this song. Voice of Pat Benatar comes in quietly, guitar comes increased presence and gradually.
It is the work which vocal and beautiful melody, obtained enough satisfied with this alone. The beautiful chorus to appear in the second half. "We Belong" is high magnificent song.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
P | コメント:0 | トラックバック:0 |

Girls Wanna Rock by Mêlée



Writers: Chris Cron, Ricky Sans, Josh Abraham, Oligee
Length: 2:55
Year: 2010
Album: The Masquerade


これまで全く知らなかったバンド。The Masqueradeは前作よりもエレクトロの要素が強いらしいが、全くそんなふうには思わなかった。本来はもっとストレートなバンドなのかな?で、今回は、Girls Wanna Rock。元気パワーがハジケて、グイグイ行きます。
メロディアスなので、誰でも聴きやすくて、洋楽入門にはピッタリのバンドかもしれない。でも、残念ながら、アメリカ本国では評価がこれからみたいだね。


"The Masquerade" is Elements of electro seems to be stronger than the previous work, but I did not think that way at all. "Girls Wanna Rock" is energy power play, They go steadily.
Because it is a melodious, anyone easy listening. But, unfortunately, the evaluation It looks like now in the United States.





このエントリーをはてなブックマークに追加
M | コメント:0 | トラックバック:0 |

The One That Got Away by Katy Perry



Writers: Katy Perry, Lukasz Gottwald, Max Martin
Length: 3:47
Year: 2011
Album: Teenage Dream


ドラムのビートが淡々と進行していく。Katy Perryの歌い方はなんか憂いがある。これは、悲しい歌なんですが軽快にシンプルに展開する、不思議な感じ。歌詞の中身や何も考えなければ、ど真ん中のポップソングなのだ。ノリで聴けばいいのだ。私が特にはまったのはコーラスの部分で、彼女の声にやられました。
Teenage Dreamこれまた、お化けアルバムで、この曲は何枚目のシングル・カットなのか調べてみたら、6枚目でした。いやー、恐れ入りました。


It progresses beat of the drum is indifferent. There is grief softened singing of Katy Perry. This is a sad song but progresses in a simple lightly, this is a strange feeling. I need to think of anything and contents of the lyrics, it's just a pop song right. I was hooked, especially in the part of the chorus, She has a soft spot in my heart.
"The Teenage Dream" is a great album. This song was the 6th single from this album. :)





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:0 | トラックバック:0 |

It's Not Too Late by Air Supply

Writer: Graham Russell
Length: 3:48
Year: 1986
Album: Hearts in Motion


ペパーミント・サウンド。と以前言われていたAir Supply。いったいどういう意味なのかは今も当時もよくわからない。ただ、わかるのは彼らの曲は爽やかなものが多いということ。特に、このIt's Not Too Lateは本当に爽やかです。伸びのある声ときれいなメロディは彼らの大きな武器ですね。私はこれを聴くと、なぜか頭の中に「大陸の青い空」「気持ちのいい風」が浮かんできます。(CMか何かの影響かな)
彼らにとって商業的に成功したとは言えないかもしれないが、It's Not Too Lateは埋もれてしまうにはもったいない曲です。


Peppermint sound. Air Supply that was said before. I don't know that means exactly. However, I know that they sing the songs like fresh air. In particular, "It's Not Too Late" is really refreshing. Beautiful melodies and voices.
It may not be a successful commercial for them, but "It's Not Too Late" is a song too good to get lost.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
A | コメント:0 | トラックバック:0 |

Brighter at Night by Ash Koley

Writers: Phil Deschambault, Ashley Michelle Koley
Length: 3:14
Year: 2010
Album: Inventions


Ashley Michelle Koleyが親しみのある声で可愛らしく歌っているこの曲。一回聴いて気に入ってしまった。陽気な楽しくて、洗練されている音楽。いいポップ・バンド(ユニット?)がカナダから登場しましたよ。カナダも結構いいバンドが出てくるようになりましたね。タイトルからして、夏場のヨーロッパや白夜をイメージしちゃうけど、PVではライトを持って歌ってた。
どんな活動してるのか気になって少しググッてみただけど、Ash Koleyはあまり情報が無かった。


This song Ashley Michelle Koley is singing pretty voice in a friendly. I've liked listening once. The fun and hilarious music. That is refined. Good group(unit?) appeared from Canada. With the title, resulting in the image of the white nights and Europe in the summer, but Ashley Koley was singing with a light in music video.
I tried to check Ash Koley, there was no information much about Ash Koley.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
A | コメント:0 | トラックバック:0 |

We Are Young by fun. featuring Janelle Monáe



Writers: Nate Ruess, Andrew Dost, Jack Antonoff, Jeffrey Bhasker
Length: 4:10
Year: 2011
Album: Some Nights


fun.の大ヒットシングル。
この曲で初めて、fun.を知った私は、すぐに気に入りました。が、歌の中身は飲みながらよりを戻そうとしている男が主人公の歌のようですね。それと、PVと歌詞の世界は関係性があるのかな?Nate Ruessのボーカルが独特ですね。なんかQueenのFreddie Mercuryに似ているとか比較されることがあるようですが、偉大なボーカリストと比較されるのは彼のキャリアを考えたら凄いよね。コーラスもきれいだし。いいバンドが出てきたもんだ。


Big hit single of fun..
I know the fun. for the first time in this song, I liked it immediately. The chorus is beautiful. Vocal style of Nate Ruess is unique. There seems to be be compared to Freddie Mercury of Queen. When I think of his career, being compared with the great vocalist is wonderful. I think a good group came out.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
F | コメント:0 | トラックバック:0 |

Rock and Roll Dreams Come Through by Meat Loaf



Writer: Jim Steinman
Length: 5:50
Year: 1993
Album: Bat out of Hell II: Back into Hell


世界中で売れまくったモンスター・アルバムBat out of Hell II: Back into Hellからのシングル。
1stシングルのI'd Do Anything for Love (But I Won't Do That)が売れすぎたせいなのか、この曲は商業的にはパッとしなかった印象。バック・ボーカルが素晴らしくこの曲に強いインパクトを残している。しかし、Meat LoafとJim Steinmanは名コンビだと思う。この曲も彼ららしく、とにかく大仰、それでいて、決してやり過ぎ感も無く大変いいバランスが保たれている。ミュージカルなどの演劇が好きな人は是非。
そして、この曲のPVには若き日のAngelina Jolieが出演しています。また、この曲にオリジナルがあったことをずいぶん経ってから知って、聴いてみたけど、こっち方が遥かに良かった。


Single from album "Bat out of Hell II: Back into Hell" which was selling all over the world.
Background vocals have left a strong impact on this song wonderfully. I think Jim Steinman and Meat Loaf is a good combination. People who like theater and musical.
Young Angelina Jolie has appeared in the music clip of this song.
Later, I know there was a original song, I tried to listen, but Meat Loaf's was good much.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
M | コメント:0 | トラックバック:0 |

No More ''I Love You's'' by Annie Lennox



Writers: Joseph Hughes, David Freeman
Length: 4:50
Year: 1995
Album: Medusa


Annie Lennoxの圧倒的な歌唱力を堪能できる一曲。迫力ある低音から高音まで、彼女の歌声は本当に素晴らしい。彼女はこの曲で、グラミー賞を受賞しました。アレンジもイイ。コーラスもイイ。これ、カバー曲で「The Lover Speaks」という二人組がオリジナルで、私自身、カバーがオリジナルを超えることが滅多にないと思いますけど、No More "I Love You's"は明らかにオリジナルを超えていて、数少ないカバー勝利の楽曲です。


A song that you can enjoy the overwhelming power of singing Annie Lennox. From bass to treble the powerful, her singing voice is really great. In this song, she was awarded Grammy. Arrangement is good. Chorus also good. This song is cover song of The Lover Speaks, I think that rarely is that the cover song is greater than original, but this song beyond the original clearly.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
A | コメント:0 | トラックバック:0 |

Overnight Success by Teri DeSario

Writers: Joey Carbone, Richie Zito
Length: 3:34
Year: 1984
Album: Overnight Success (single)


映画「Flashdance」,「Fame」の一場面のような、80年代のカセット・テープのCMで使われていた印象深い曲で、耳なじみの方も多いと思います。もしかしたら、当時、アーティストもタイトルもわからなかったけど、ふと思い出して聴きたくなる、そんな曲でもありますね。CMのイメージやキャッチーな曲調のせいで、非常にポジティブな気分になれ、Teri DeSarioの伸びのある歌声も魅力的です。私の中で80年代を象徴する洋楽の一つ、まさに「The 80's」ですね。しかし、国内でしかヒットしなかったのは非常に残念。世界中の人達にも聴いてほしい曲。


I think with impressive songs that were used, such as one scene the movie "Flashdance" and "Fame", in the commercial of the cassette tape in the 1980s, towards the ear familiar with many people. At that time, even in such a song, artists titles I did not know, but I there I want to listen to recall suddenly. Because of the catchy melody and image of commercial, accustomed to feeling very positive, singing voice with the growth of Teri DeSario is also attractive. One of the overseas music symbolizing the 80's in me. However, I was sorry this song hit only in Japan. The Song I want to listen to people around the world.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
T | コメント:0 | トラックバック:0 |

Lady Di by Richard Clayderman

Writers: Jean Baudiot, Paul De Senneville
Length: 2:33
Year: 1982
Album:


ダイアナ妃に捧げられた曲。世紀のロイヤル・ウエディングにふさわしい華やかでロマンティックなメロディです。当時の若く溌剌としたダイアナ妃のイメージにもマッチしていましたね。CMにも使われていたこともあるらしいですね。エンディングの畳み掛けるようなピアノも気に入っています。


This Song dedicated to Princess Diana. It is a romantic melody is gorgeous, suitable for royal wedding of the century. It was also matches the image of Princess Diana vigorous young at the time. It is seems to be that it was also used in the TV commercial in Japan. I also like Piano, such as follow up of the ending.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
R | コメント:0 | トラックバック:0 |

The Moment by Kenny G



Writer: Kenny G
Length: 6:00
Year: 1996
Album: The Moment


Kenny Gは基本的にきれいなメロディでロマンティックな雰囲気な曲を作るのが好きなのかな? そんなメロディアスでロマンティックが凝縮されているのが、この曲。かといっても、甘ったるくもなく、女々しくもない。これが男性・女性を超えて世界中で支持されている理由かもしれない。PVでは、夕暮れ時、夜景等様々な場所で撮影されたみたいですけど、どんなシチュエーションでも違和感無く聴ける曲だと思います。ソプラノ・サックスで彼ほど有名なプレイヤーっているのかな?


I wonder Kenny G likes to create musics romantic and beautiful melody. This song that Romantics is filled in such a melodious. This may be the reason is supported by people of the world. Music clip seems taken in various places such as dusk and night scene, so it's music that I listen to without sense of incongruity in any situation. He is a great soprano sax player.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:0 | トラックバック:0 |

Man in the Mirror by Michael Jackson



Writers: Siedah Garrett, Glen Ballard
Length: 5:18
Year: 1988
Album: Bad


Quincy Jonesのプロデュースでレコーディングされ、Michael Jacksonにしては非常に珍しい社会的なメッセージ性のある曲。この曲のMichael Jacksonの歌い方とても好きです。(なんか爽やかに歌ってますよね。気のせいかな?) 同時にこの曲のコンポーザーの一人でコーラスも担当しているSiedah Garrettの声も本当にイイ。「ダッ」、「ダッ」等のMichaelの独特の奇声や歌唱スタイル(Michael節とでも言うのかな)もあり、Michael Jacksonを初めてじっくり聴いてみようという方にお勧めです。いつもよりボリューム大きめでお楽しみください。


Been recorded in the production of Quincy Jones, the song is a message of social very unusual set to Michael Jackson. I like very much how to sing the Michael Jackson of this song. At the same time, the voice of Siedah Garrett, who is in charge and chorus in one of the composer of this song is also really good. It is recommended for those to want to try to listen carefully the first time Michael Jackson. Please enjoy larger volume than usual.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
M | コメント:0 | トラックバック:0 |

Who's Gonna Ride Your Wild Horses by U2



Writers: Bono, U2
Length: 5:16
Year: 1992
Album: Achtung Baby


お気に入りのアルバム「Achtung Baby」に収録され、Bonoが歌う失恋ソング。これまで男と女の歌に関して割と淡々したイメージが多かったU2がここまでストレートで感傷的な曲を作ったのは、とても珍しいような気がします。この曲はいくつかバージョンがあって、アルバムのバージョンが私はしっくりきますが、シングルのバージョンのエレクトリックな感じもいい。(結局、両方かな。シングル・バージョンのイントロはたまに頭の中でループすることアリ)


From the Album is a my favorite in the "Achtung Baby", heartbreak song that Bono sings. So far, ​​the song sentimental in straight U2 image that was indifferent about the comparatively song of a man and a woman ever were many, I feel like a very rare one. There is some version, I love the album version, the feeling of the electric version of the single is good this song. (After all, both :D)





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
U | コメント:0 | トラックバック:0 |

Praying for Time by George Michael



Writer: George Michael
Length: 4:41
Year: 1990
Album: Listen Without Prejudice Vol.1


ラジオのDJが、「次の曲はGeorge Michaelの新曲です」と曲紹介して流れてきたイントロ、ものすごくゾクゾクしました。その瞬間から私のお気に入り。前半は囁くように、途中から歌い上げる展開に鳥肌もの。歌詞自体は当時の時代の暗部を鋭く切り取ったものを書き、Wham!の頃からのポップで明るい音楽とは一線を画す。終末論の世界みたい。ただ、相変わらず抜群な歌唱力と、美しいメロディ。圧倒されます。
2011年頃の彼のツイートで、ライブではアレンジと歌詞を変更するとか、つぶやいていたような・・・ ニュー・アレンジ・バージョンもいつか聴いてみたいですね。


From the radio DJ, "the next song is a new song of George Michael". I was so excited. My favorite from that moment. First half of the song in a whisper, got goose bumps to expand it sings from the middle. Write the things that were cut sharply the dark era of the time, lyrics itself apart from the bright pop music from the days of Wham!. World like eschatological. However, and distinguished as ever singing, beautiful melody. Will be overwhelmed.
In his tweet of around 2011, and I'd like to hear some day such as to change the lyrics and arrangements, as well ... New Arrange Version like they murmured in live.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
G | コメント:0 | トラックバック:0 |

The Dream of the Dolphin by the Enigma



Writers: Curly M.C., David Fairstein
Length: 2:47
Year: 1993
Album: The Cross of Changes

途中にセリフみたいな言葉が入ってきますが、ほとんどインストゥルメンタルです。短い曲ですが、正しく「癒し」です。(そういえば、一時、Enigmaはヒーリング・ミュージックなんて言われことありましたね)
EnigmaことMichael Cretuが彼の妻、「Sandraにこの曲を捧げる」とCDに書いてあります。なるほど、優しい気持ちになれそうな曲なわけです。歌詞の中に、「人はイルカの見る夢の中で生きている」とあります。有名な言葉なのか、それとも誰かが言ったのか、私は知りませんが意味深ですね。


Words like in this work will have been inserted, but it is mostly instrumental. It is a short song, but exactly what is "Healing". (Come to think of it, Enigma is said to healing music)
Is written to CD as "dedicate this song to Sandra" wife of Michael Cretu. Indeed, it is not a song that seems familiar to the warm feeling. In the lyrics, and that in the event of "Man Is The Dream of the Dolphin" he said. Someone was saying, or is a famous words, I do not know but I am deep meaning.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:0 | トラックバック:0 |

Mail

Name:

Mail:

Title:

Comment:


このエントリーをはてなブックマークに追加
mail | コメント:0 | トラックバック:0 |

introduction

Welcome.
ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログは、私の主観に基づき感想を述べています。
御覧のように、ゆったり進行で行くつもりです。
リラックスしてもらえれば、うれしいです。

引用元にWikipediaを参考にしている場合もありますので、詳細な情報はWikipediaをご参照ください。

誤字・脱字・誤訳等をご指摘して頂ければ助かります。
(その際は、コメント欄よりお願いします。)
Please let me know if I have the wrong character, an omitted character, and mistranslation.
(In that case, leave a message in the comments field)

あくまで個人的な音楽の感想であり、他意は一切ございません。
もし、このブログを読んで不快に思いをされた方がいらっしゃたら、ご指摘ください。
見つけ次第、対応致します。

コメントは承認制になっておりますので、公開しない場合もございますのでご了承ください。
みなさんの個人的なレビューもお待ちしております。
みんなで思い出を共有しませんか。
(お気軽にコメントしてください。よっぽどのことが無い限りは公開しますので。)

よろしくお願い致します。
Easy Music Reviews
このエントリーをはてなブックマークに追加
about | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |

ブログランキングならblogram にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



ソニーストア

WOWOW

サントリーウエルネスオンライン

ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)

ファンケルオンライン

ソニーストア

Bose SoundSport in-ear headphones

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。