Easy Music Reviews

気なった洋楽をとりあげています。音楽や時間を共有できれば嬉しいです。 -I'm happy if we can share time and music through a review.-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 |

Breakthru by Queen



Writer: Queen (Freddie Mercury, Roger Taylor)
Year: 1989
Length: 4:08
Album: The Miracle


Queenの13枚目のアルバムから。
QueenのアルバムThe Miracleでは、バンド・メンバーの四人の顔が合成されて結合しているカバー・アートが印象的です。彼らのアルバムとしてはメンバー四人の顔がジャケットに登場した最後のアルバムとなっています。
このアルバムは彼らの前作A Kind of Magicから3年ぶりに発表され、Parlophone、EMI、Capitol Recordsを通じてリリースされました。イギリスではA Kind of MagicにつづいてNo. 1ヒットを記録しています。アルバムからのリード・シングルとしてI Want It Allがリリースされました。
Breakthruはセカンド・シングルでした。この曲はQueenの要素がコンパクトに凝縮されいる作品で、ギターのドライブ感が気持ちいいですよ。


From the 13th album of Queen.
In a Queen's album The Miracle, synthesized the faces of four members are impressive cover art. And it has become the last album that four member faces appeared in a cover.
The album was released from their previous work A Kind of Magic in three years, and was released through Parlophone, EMI, and Capitol Records. It recorded a No. 1 hit in the UK following A Kind of Magic. I Want It All has been released as the lead single from the album.
Breakthru was the second single. The elements of Queen are condensed compactly in the song, driving guitar feels so good.




続きを読む
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q | コメント:2 | トラックバック:0 |

Mama Weer All Crazee Now by Quiet Riot



Writers: Noddy Holder, Jim Lea
Year: 1984
Length: 3:38
Album: Condition Critical


Quiet Riotの4枚目のアルバムから。
アメリカのヘヴィ・メタル・バンドQuiet Riotが1984年にPasha RecordsからリリースしたアルバムがCondition Criticalでした。彼らの前作Metal Healthがアメリカのみならず国際的に大ヒットしたために、彼らのニュー・アルバムは相当期待されていましたが、前作ほどのセールスを満たすことはできませんでした。
Mama Weer All Crazee NowはCondition Criticalからのリード・シングルでした。これはイギリスのグラム・ロック・バンドSladeが1972年に大ヒットさせたロック・チューンでした。Quiet Riotのカバー・バージョンはアメリカでNo. 51まで上昇しています。この曲のギター・ソロが80'sロック・スタイルなので、当時のサウンドが好きな人にはオススメです。


From the fourth album of Quiet Riot.
The album American heavy metal band Quiet Riot released from Pasha Records in 1984 was Condition Critical.  Their new album was considerably expected as their previous work Metal Health made a big hit globally as well as the United States, but was not able to satisfy the sales like the previous work.
Mama Weer All Crazee Now was the lead single from the Condition Critical. It was a rock tune British gram rock band Slade made become a big hit in 1972. A cover version by Quiet Riot rose to No. 51 in the United States. Because the guitar solo of the song is 80's rock style, it is recommended for people who like the sound of those days.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q | コメント:2 | トラックバック:0 |

Tie Your Mother Down by Queen



Writer: Brian May
Year: 1977
Length: 3:45
Album: A Day at the Races


Queenの5枚目のアルバムから。
Queenが1975年にリリースしたアルバムA Night at the Operaの次にリリースした作品です。前作ではBohemian Rhapsodyがインターナショナルなヒット・シングルになり、彼ら自身も乗っている状態でリリースされたアルバムです。このアルバムは彼らがはじめてトータルでプロデュースしたアルバムでした。
このアルバムはイギリスでは2作連続でNo. 1ヒットを達成しただけではなく、日本においてもNo. 1を獲得しています。Teo Torriatte (Let Us Cling Together)が収録されていることでも知られ、これは日本語でも一部歌詞が書かれ、日本でのみシングルがリリースされました。
Tie Your Mother DownはSomebody to Loveについでリリースされたシングルでした。これはBrian Mayによって書かれた軽快なナンバーで、本格的なハード・ロックです。


From the 5th album of Queen.
It is the work which Queen released next to the album A Night at the Opera which they released in 1975. Bohemian Rhapsody became international hit single in the previous work, the album they released with the momentum. And it was the album that they have self-produced.
This album did not only achieve No. 1 hit in 2 works continuations in the U.K. and got No. 1 even in Japan. It was also known that Teo Torriatte (Let Us Cling Together) is recorded in it, and the part lyrics of the song were written in Japanese, and it was released only in Japan.
Tie Your Mother Down was the single released following Somebody to Love. It is the light number written by Brian May and is a real hard rock.

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q | コメント:0 | トラックバック:0 |

Tomorrow by Quvenzhané Wallis



Writers: Charles Strouse, Martin Charnin
Year: 1977
Length: 2:34
Album: Annie (Original Motion Picture Soundtrack)


Annie (2014)のサウンドトラックから。
AnnieはHarold Gray原作の漫画Little Orphan Annieを基に脚本がつくられたミュージカルで、1977年に初演され6年近くも連続公演された大ヒット作品です。日本でも、毎年アニーのミュージカルが制作されて親しまれていますよね。
アメリカでは、1982年に初めて映画化され、これまで計3回映画版Annieが制作されています。その最新作が2014年に公開されて大ヒット中です。
今回のAnnieはWill Gluckが監督で、Will Smith、Jay Z、Jada Pinkett Smithらの有名人がプロデューサー陣を務めています。
Quvenzhané WallisはAnnie Bennett役で出演している子役です。彼女は2012年からショー・ビジネス界で活動し始めて、高い評価を得ているようです。
Tomorrowは日本でもおなじみのナンバーで、It's the Hard Knock Lifeと並んで有名なミュージカル・ナンバーですよね。


From the soundtrack of Annie (2014).
Annie was premiered in 1977 in the musical which was made based on cartoon Little Orphan Annie by Harold Gray original work and is also the smash hit work performed in continuously for nearly 6 years. A musical Annie is also produced every year in Japan, and is got close.
In the United States, it was the first time a movie in 1982, a total of three times the film version Annie has been produced so far. The latest work is shown in 2014 and is making a big hit.
In the film Annie, Will Gluck is director, and, Will Smith, Jay Z, Jada Pinkett Smith and others act as producers.
Quvenzhané Wallis is child actor that has appeared as Annie Bennett. She began working in show business world from 2012, and she seems to have gained a high reputation.
Tomorrow is a familiar number in Japan, and is the famous musical number as well as It's the Hard Knock Life.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q | コメント:0 | トラックバック:0 |

Seven Seas of Rhye by Queen



Writer: Freddie Mercury
Year: 1974
Length: 2:47
Album: Queen II


Queenのセカンド・アルバムから。
洋楽が好きな人なら、一度は目にしたことがあるかもしれない有名なCDジャケットですよね。日本でのQueenの人気に火が付いたとされているアルバムです。
これはLPレコードとして発売された当時、Side A, Side Bとは言わずに、Side White, Side Blackと書かれていたそうです。ある種のコンセプトでしょうが、それには当然Queenのメンバーの美意識が詰まっているはずです。ちなみに、Side Whiteの曲はThe Loser in the Endを除いてBrian Mayによって書かれており、Side BlackはFreddie Mercuryによって書かれています。
Seven Seas of RhyeはFreddie Mercuryの華麗なピアノで始まるアップ・テンポな曲です。3分弱の非常に短いトラックですが、歌と音楽がダイナミックなスタイルで、アルバムのエンディングを飾るドラマチックな作品です。
彼らのデビュー・アルバムQueenには1分強のSeven Seas of Rhyeのインストゥルメンタル・バージョンが収録されています。


From the second album of Queen.
If it is those who like music, it is famous CD cover which may have been seen at once. It is the album which is said for the popularity of Queen in Japan to have accelerated.
This seemed to be written as Side White, Side Black not Side A, Side B in those days released as an original LP. Although it is a certain kind of concept, naturally the aesthetic sense of the member of Queen should be got packed in it. By the way, all song of Side White is written by Brian May, except for The Loser in the End by Roger Taylor, all songs of Side Black has been written by Freddie Mercury.
Seven Seas of Rhye is the up-tempo song which starts on the splendid piano by Freddie Mercury. It is a very short track of a little less than 3 minutes, but the music and the song are the dynamic style, it is a work worthy of the dramatic ending of the album.
In addition, instrumental version of the Seven Seas of Rhye little over one minute has been recorded in their debut album Queen.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q | コメント:0 | トラックバック:0 |

Life Is Better by Q-Tip featuring Norah Jones



Writer: Kamaal Ibn John Fareed
Year: 2009
Length: 4:41
Album: The Renaissance


Q-Tipのセカンド・アルバムから。
Q-Tipこと、Kamaal Ibn John Fareedはニューヨークのクイーンズ出身のラッパー。また彼は、90年代に人気があったヒップ・ホップ・グループA Tribe Called Questの設立メンバーのひとりです。そして、彼はソングライターとしても有名で、Deee-LiteのGroove Is in the Heartをはじめとする多くの曲にラップやヒップ・ホップのエッセンスを加えて大ヒットさせています。
彼はA Tribe Called Questの解散後にはソロ活動をスタートさせ、1999年にファースト・アルバムAmplifiedをリリースしました。このアルバムが大ヒットし、さらに2002年にはアルバムKamaal/The Abstractをリリースする予定でしたが、レーベル・サイドにキャンセルされてしまいました。
2008年、ついに彼のセカンド・アルバムThe Renaissanceがリリースされました。サンプリング音源が使用されていますけど、懐かしさだけではなく、彼のセンスが感じられます。また、ゲスト・ミュージシャンも多彩でバランス感覚が素晴らしいですね。
Life Is BetterはNorah Jonesをフィーチャーした作品。彼女の声がQ-Tipの世界に溶け込んでいます。


From the second album of Q-Tip.
Kamaal Ibn John Fareed, alias Q-Tip is a rapper from Queens, New York. Moreover, he is one of the establishment members of hip-hop group A Tribe Called Quest which was popular in the 90s. And he is famous also as a song writer, adds the essence of a rap and hip hop to the music of many including Groove Is in the Heart by Deee-Lite, and is making it make a smashing success.
He started solo after the dismissal of A Tribe Called Quest, and released the first album Amplified in 1999. This album made a big hit and was going to release album Kamaal/The Abstract in 2002, but it has been canceled by a label.
In 2008 his second album The Renaissance was released at last. Although the sampling sound source is used, not only nostalgia but his sense is felt. In addition, guest musicians are various, too, and sense of balance is splendid.
Life Is Better is the song which featured Norah Jones. Her voice has melted into the world of Q-Tip.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q | コメント:0 | トラックバック:0 |

Cue the Rain by Queen Latifah



Writers: Lindsey Buckingham, Mick Fleetwood, Andre Lyon, John McVie, Eddie Montilla, Stevie Nicks, Dana Owens
Year: 2009
Length: 6:02
Album: Persona


Queen Latifahの7枚目のアルバムから。
Queen Latifahこと、Dana Owensはニュー・ジャージー州出身のアーティストです。彼女は、シンガー・ソングライター、ラッパー、女優・モデル、コメディエンヌ、番組司会者などなどの様々な顔を持っています。それだけではなく、それぞれの分野において高い評価を受けています。
彼女はもともとヒップ・ホップ・グループのメンバーのひとりとして活動していながら、1989年にソロ・アルバムをリリースしました。このデビュー・アルバムから21世紀の初頭までヒップ・ホップ・アルバムをリリースしていましたが、彼女は2004年にジャズのアルバムをリリースし、ジャズ・シンガーとしての活動に入っていきます。
アルバムPersonaはQueen Latifahが2009年にリリースしたヒップ・ホップ・アルバム。厚みのあるサウンドがクールな作品。この曲ではFleetwood MacのThe Chainの歌詞を一部引用しているようですが、ソングライターを調べるまで全く気が付きませんでした。


From the 7th album of Queen Latifah.
Dana Owens, alias Queen Latifah is an artist from New Jersey. She has various faces, such as a singer-songwriter, a wrapper, an actress and a model, comedienne, and a show host. And not only that, she has received a high reputation in their respective fields.
She released the solo album in 1989, working as one of the members of a hip-hop group from the first. She was released hip-hop album to beginning of the 21st century from the debut album, but released a jazz album in 2004, she went into activity as a jazz singer
An album Persona is a hip-hop album which Queen Latifah released in 2009. The work that sound with the thickness is cool. It seems to be some quote the lyrics of The Chain by Fleetwood Mac in this song, but I did not notice at all to examine the songwriter.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q | コメント:0 | トラックバック:0 |

Sanford and Son by Quincy Jones featuring T.I., B.o.B, Prince Charlez & Mohombi



Writer: Quincy Jones
Year: 2010
Length: 4:08
Album: Q: Soul Bossa Nostra


Quincy Jonesのアルバムから。
Quincy Jonesが自ら制作したトリビュート・アルバムのような作品です。今を時めくアーティストがこぞって参加しているので、Quincy Jonesの偉大さや影響力の大きさが感じられます。これまで彼が関わってきた作品をリメイクしているのですが、もう完全に現代のヒップ・ホップ・ミュージックとして生まれ変わっているあたりは彼の非凡な感性ですね。時代を把握する能力がハンパないです。Sanford and Sonは1973年にリリースされたアメリカのコメディ・ドラマのテーマ・ソングですけど、オリジナルのスタイルは守りつつもラップを取り入れています。エンディングのコーラスのセクションが心地いい曲です。


From the album of Quincy Jones.
It is a work, such as the tribute album Quincy Jones has produced himself. Because popular artists participate all together, the greatness of Quincy Jones and the size of influence are also felt. It is his extraordinary sensitivity that he is remaking the work in which he has so far been concerned, and has already been again born as modern hip-hop music completely. Although Sanford and Son is a theme song of the U.S. comedy drama released in 1973, although an original style protects, it has taken in the rap. It is a tune of the chorus section of the ending has good feeling.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q | コメント:0 | トラックバック:0 |

Innuendo by the Queen



Writers: Freddie Mercury, Roger Taylor
Year: 1991
Length: 6:30
Album: Innuendo


Queenの14枚目のアルバムから。
Freddie Mercury自身が関わったQueenの最後のアルバムですね。今思えばFreddie MercuryがAIDSを患いながら創作活動をしたり、レコーディングをしていたわけですよね。あらためて頭が下がる思いです。
この曲はアルバムからの先行シングルで、6分超の長めの曲です。重々しいサウンドの中に、間奏でフラメンコ・ギターが挿入されています。このセクションはYesのSteve HoweとBrian Mayが演奏しています。


From the 14th album of Queen.
It is the album of the last of Queen in which Freddie Mercury itself was concerned. I think that now, while Freddie Mercury suffered from AIDS, his creative activity and recording carried out. That's very hard.
This music is a precedence single from an album, and is longer music for more than 6 minutes. In the ponderous sound, flamenco guitar has been inserted in the interlude. Brian May and Steve Howe of Yes is playing music in this section.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q | コメント:0 | トラックバック:0 |

Thank God It's Christmas by the Queen



Writers: Brian May, Roger Taylor
Year: 1984
Length: 4:19
Album: Greatest Hits III


Queenのベスト盤から。
QueenのギタリストBrian MayとドラマーRoger Taylorの共作のクリスマス・ソング。この二人による共作は珍しいような気もしますね。Freddie Mercuryが普段の様に情感を込めて歌っています。この曲は1984年にリリースされていましたが、当時アルバムには収録されておらず、しばらく間が空いてしまっています。このようなエネルギッシュなクリスマス・ソングはいかがでしょうか。


From the best album of the Queen.
The Christmas song of the coproduct of guitarist Brian May and drummer Roger Taylor of Queen. I feel that it is new for co-written by these two persons. Freddie Mercury has been singing with all his emotion like usual. Although this music was released in 1984, it was not recorded on an album those days, but between is vacant for a while. It's an energetic Christmas Song.





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

ブログランキングならblogram にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



ソニーストア

WOWOW

サントリーウエルネスオンライン

ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)

ファンケルオンライン

ソニーストア

Bose SoundSport in-ear headphones

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。