Easy Music Reviews

気なった洋楽をとりあげています。音楽や時間を共有できれば嬉しいです。 -I'm happy if we can share time and music through a review.-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 |

If Not for You by Olivia Newton-John

Writer: Bob Dylan
Year: 1971
Length: 2:50
Album: If Not for You


Olivia Newton-Johnのファースト・アルバムから。
オーストラリアのシンガー、女優、ソングライターOlivia Newton-Johnは10代になると芸能活動を始め、1966年にデビュー・シングルTill You Say You'll Be Mineをリリースしています。これはイギリスのDecca Recordsからリリースされ、それによって彼女の英国での生活も始まりました。その後、オーストラリア人シンガーPat Carrollがイギリスに渡ってきたのを機に、Pat and Oliviaというデュオを結成してヨーロッパを回っていたようです。
彼女は1971年にFestival Recordsからデビュー・アルバムIf Not for Youを発表しました。これは、60年代から70年代初頭に活躍していたアーティストのカバーを収録しています。
アルバムのタイトル・トラックでもあるシングルが国際的なヒットになり、彼女は世界に知られるようになりました。If Not for Youは1970年にBob Dylanが録音したのがオリジナルで、その直後にGeorge Harrisonが彼のアルバムAll Things Must Passにも収録しています。彼女のバージョンはGeorge Harrisonのバージョンに近いスタイルで録音されています。


From the first album by Olivia Newton-John.
Olivia Newton-John began to work in show-biz world in her teens, and released her debut single Till You Say You'll Be Mine in 1966. It was released from Decca Records in the United Kingdom, her life in the United Kingdom has also started along with it. After Australian singer Pat Carroll moved to the United Kingdom, they formed the duo Pat and Olivia and seemed to tour around Europe.
She released a debut album If Not for You from Festival Records in 1971. It was recorded the cover songs which had been poplar from the 60s to the early-70s.
The title track of the album was an international hit, she became known to the world. If Not for You is the original that Bob Dylan has been recorded in 1970, and George Harrison was also recording for his album All Things Must Pass after it. Her version has been recorded in a style close to George Harrison's version.




続きを読む
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:0 | トラックバック:0 |

Crazy Train by Ozzy Osbourne



Writers: Ozzy Osbourne, Randy Rhoads, Bob Daisley
Year: 1980
Length: 4:56
Album: Blizzard of Ozz


Ozzy Osbourneのファースト・ソロ・アルバムから。
Blizzard of OzzはBlack Sabbathのリード・シンガーとして活躍していたOzzy Osbourneが1980年にリリースしたデビュー・アルバムです。彼は1979年にバンドから離れてソロ活動をスタートさせました。
このアルバムには伝説のギタリストRandy Rhoadsが参加していることでも知られていますが、彼はこのアルバムの楽曲ソングライティングやプロデュースに大きく関与していました。
Crazy TrainはOsbourneのデビュー・シングルです。Randy Rhoadsの軽快なギターが気持ちいい曲で、Osbourneの初期の作品としてはとても有名な作品ですよね。今になってみると、かなりポップなスタイルのHR/HMだと言えますね。


From the first solo album of Ozzy Osbourne.
Blizzard of Ozz is the debut album by Ozzy Osbourne who was working as a lead singer of a hard rock band Black Sabbath was released in 1980. He started solo career away from a band in 1979.
It was known that a legendary guitarist Randy Rhoads participated in the album, he greatly involved in song writing and producing the musical pieces.
Crazy Train was the debut single by Osbourne. It is a song which is very famous for an early work of Osbourne, and feeling good with a light guitar play by Randy Rhoads.
It may be said that it is the considerably pop style HR/HM when I think it now.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:4 | トラックバック:0 |

Hula Hoop by OMI

Writers: Omar Pasley, Karl Wolf, Jenson Vaughan, Matt James, Frank Buelles
Year: 2015
Length: 3:26
Album:


OMIのシングルから。
夏に世界的な大ヒットを記録したCheerleaderにつづいてUltra RecordsからリリースされたOMIの新曲です。これは彼がリリースする予定のデビュー・アルバムMe 4 Uからのセカンド・シングルです。Me 4 Uは10月にリリースされるそうです。
Hula HoopはCheerleaderよりもさらにキャッチーなメロディの曲。ロマンチックな歌詞とダンサブルなスタイルで構成されており、これはCheerleaderのようなクセもなく、日本ではこちらの方が広く受け入れられるかもしれませんね。


From the single of OMI.
It is a new song by OMI, was released from Ultra Records following Cheerleader that were recorded worldwide hit in the summer. It is a second single from his debut album Me 4 U he's planning to release. Me 4 U is expected to be released in October.
Hula Hoop is a song with melodies more catchy than Cheerleader. It is composed of the romantic lyrics and the danceable style, without toxic such as Cheerleader, it might be accepted widely in Japan.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:0 | トラックバック:0 |

Drag Me Down by One Direction



Writers: Julian Bunetta, Jamie Scott, John Ryan
Year: 2015
Length: 3:12
Album:


One Directionのシングルから。
3月にメンバーのZayn Malikの脱退が発表されたOne Directionが4人になって初めてリリースしたシングルです。Julian BunettaとJohn Ryanによってプロデュースされたこのシングルは7月の末に突如リリースされたが、またまた多くの国でNo. 1を獲得するビッグ・ヒットになりました。
Drag Me Downは彼らが秋以降にリリースするニュー・アルバムからのリード・シングルです。これはロック・テイストのポップ・ナンバーです。NASAで撮影されたミュージック・ビデオも好評で、リリースされた当初は再生回数の勢いが凄かったようです。


From the single of One Direction.
Zayn Malik left from One Direction in March, it is the first single by four piece 1D. The song produced by Julian Bunetta and John Ryan was released suddenly at the end of July, but it was the big hit which got No. 1 in many countries.
Drag Me Down is the lead single from their forthcoming album, they will release in autumn. It is a pop number with rock-taste. A music video filmed at NASA is poplar, there seems to have been many viewers when it was released.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:0 | トラックバック:0 |

Good Time by Owl City and Carly Rae Jepsen






Writers: Adam Young, Matthew Thiessen, Brian Lee
Year: 2012
Length: 3:26
Album: The Midsummer Station; Kiss


Owl Cityの4枚目のアルバムから。
2012年にリリースされたアメリカ人アーティストOwl Cityとカナダ人アーティストCarly Rae Jepsenの夏にヒット・ソングです。これはCarly Rae JepsenのアルバムKissからのセカンド・シングル、そしてOwl CityのアルバムThe Midsummer Stationからのリード・シングルでした。
これはカナダではNo. 1ヒットを記録し、アメリカでもトップ10ヒットになりました。もちろん、その他の国でも大ヒットを記録しました。
これは夏休みが楽しくなりそうなプロモーション・ビデオも好評で、ドライブにもピッタリの音楽です。


From the fourth album of Owl City.
It's a hit song in summer of 2012 which was released by an American artist Owl City and a Canadian artist Carly Rae Jepsen. It was a second single from the album Kiss by Carly Rae Jepsen and a lead single from the album The Midsummer Station by Owl City.
It recorded No. 1 hit in Canada, and was also a top 10 hit in the United States. Of course, it also recorded a smash hit in other countries.
The music video that summer vacation seems to become happy is popular, and it is a song that is good to a drive.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:4 | トラックバック:0 |

Cheerleader (Felix Jaehn Remix) by OMI

Writers: OMI, C. Dillon, M. Bradford, R. Dillon
Year: 2014
Length: 3:02
Album:


OMIのシングルから。
OMIこと、Omar Samuel Pasleyはジャマイカ出身のシンガーです。もともとシングルCheerleaderは2012年にOufah Recordsからリリースされた作品でした。Ultra Musicからドイツ人プロデューサーFelix Jaehnによってリミックスされたバージョンが2014年にリリースされ、これが多くの国々のヒット・チャートでNo. 1ヒットになりました。
これはオリジナルがスカだったのに対して、リミックス・バージョンはトランペットがアクセントになった作品になっています。


From the single of OMI.
Omar Samuel Pasley, also known as OMI is a singer from Jamaica. Originally single Cheerleader was the work that has been released from Oufah Records in 2012. A re-mixed version by German producer Felix Jaehn was released through Ultra Music in 2014, and it became No. 1 hit in the hit chart of many countries.
As for this, the remix version becomes the work that a trumpet stressed whereas an original was ska.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:2 | トラックバック:0 |

Dance with Me by Orleans






Writer: John Hall
Year: 1975
Length: 3:19
Album: Orleans II; Let There Be Music


Orleansのアルバムから。
Orleansはアメリカのポップ・ロック・バンドです。彼らは1972年に結成され、90年代の後半に一度解散しましたが、2001年に再結成されてから現在も活動しています。
彼らは、1973年にABC Dunhill Recordsからセルフ・タイトルのアルバムでデビューしました。翌年、彼らはアルバムOrleans IIをリリースしたがアメリカではリリースが見送られ、日本とヨーロッパでのみのリリースになった。1975年にAsylum Recordsからリリースされた彼らのサード・アルバムLet There Be Musicにはタイトル・ソングとDance with Meのふたつのヒット・ソングを収録していました。Dance with MeはOrleans IIにも収められていましたが、先述したような理由で話題にはなりませんでした。この辺りの事情は微妙なところですよね。
Dance with Meは美しいハーモニーが耳に残る彼らの代表曲です。この曲は爽やかなアコースティック・サウンドで構成されていますが、ところどころカントリーのフレイバーが含まれています。


From the album of Orleans.
Orleans is an American pop-rock band. They were formed in 1972, were disbanded once in the late-1990s, and they re-formed in 2001 and has been active even now.
They debuted with the self-titled album from ABC Dunhill Records in 1973. They released album Orleans II in the next year, but the release was shelved in the United States and it was release only in Japan and Europe. Two popular songs of album title song and Dance with Me were recorded in their third album Let There Be Music released from Asylum Records in 1975. Although Dance with Me had also been recorded in Orleans II, it was not a topic at the reasons previously described.
Dance with Me is their representative song beautiful harmony remains in the ear. The song consists of a fresh acoustic sound, but it contains some country music flavor.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:0 | トラックバック:0 |

Post to Be by Omarion featuring Chris Brown and Jhené Aiko

Writers: Omarion Grandberry, Christopher Brown, Jhené Chilombo, Tyrone Griffin, Dijon McFarlane, Mikely Adam, Myron Birdsong
Year: 2014
Length: 3:47
Album: Sex Playlist


Omarionの4枚目のアルバムから。
このアルバムは2014年の末にMaybach Music Groupからリリースされました。これは彼の2010年のサード・アルバムOllusion以来の作品で、久しぶりのスタジオ・アルバムとなりました。彼は以前からMaybach Music Group(MMG)の作品に参加していましたが、ここにきてようやくフルレングス・アルバムが完成しました。
You Like Itが2014年の2月にリード・シングルとしてリリースされ、アルバムからのセカンド・シングルはPost to Beでした。これはChris BrownとJhené Aikoをフィーチャーした贅沢なシングルで、彼にとってIce Box以来のビッグ・ヒットになりました。


From the 4th album of Omarion.
The album was released from the Maybach Music Group at the end of 2014. It was since his third album Ollusion in 2010 and was a work after a long time. He participated in a work of Maybach Music Group (MMG) from before, his full length album has been completed finally.
You Like It has been released as the lead single in February 2014, the second single from the album was the Post to Be. It is a luxurious single featuring Chris Brown and Jhené Aiko, became a big hit since Ice Box for him.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:0 | トラックバック:0 |

Verge by Owl City featuring Aloe Blacc

Writer: Adam Young
Year: 2015
Length: 3:33
Album:


Owl Cityのニュー・シングルから
アメリカのエレクトロニカのマルチ奏者Adam Youngのソロ・プロジェクトOwl Cityが先日リリースしたばかりの新曲です。彼がリリースを予定しているニュー・アルバムMobile Orchestraは7月にリリースされるそうです。
彼がリリースした新曲VergeはAloe Blaccをフィーチャーしています。Aloe Blaccといえば、Aviciiの大ヒット・シングルWake Me Upのボーカルを務めていたことが記憶に新しいところです。この曲のイントロがとても爽やかでポップなスタイルですが、Aloe Blaccの声が加わることによって幾分かカントリーのフレイバーが加わったような印象に変化するのも面白い作品です。


From the new single of Owl City
The solo project Owl City which is American electronica's multi-instrumentalist Adam Young has been just released the new song the other day. The new album Mobile Orchestra which he is scheduled to release is going to be released in July.
He has released the new song Verge is featured Aloe Blacc. When saying Aloe Blacc, it's fresh in memory that he was a vocalist of Avicii's smash hit single Wake Me Up. An introduction of this song is very refreshing and is a pop style, but it is the work it is interesting to change the impression that was added some country flavor by the voice of Aloe Blacc is started.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:0 | トラックバック:0 |

Take Me Home, Country Roads by Olivia Newton-John

Writers: Bill Danoff, Taffy Nivert, John Denver
Year: 1973
Length: 3:22
Album: Let Me Be There


Olivia Newton-Johnのアルバムから。
Olivia Newton-Johnが1973年にオーストラリア、イギリス、アメリカ、日本でスマッシュ・ヒットさせたアルバムです。このアルバムのトラック・リストは世界で統一されたものではなく、アメリカ版も含めて収録されている楽曲は異なっていたようです。
このアルバムの中身はカバー曲で構成されており、彼女の初期の素朴なスタイルで歌われています。アメリカのカントリー・チャートで見事No. 1を獲得しています。それは、アルバムのタイトル・トラックLet Me Be Thereがアメリカで初のトップ10ヒットを記録し、このアルバムのセールスをサポートしたようです。
Take Me Home, Country Roadsは言わずと知れたJohn Denverのカントリー・ポップ・ソングですよね。Oliviaのバージョンは残念ながらアメリカでヒットすることはなかったが、日本では当時ヒットしていたようです。彼女の爽やかなボーカルがこの新緑の季節に合いますね。


From the album of Olivia Newton-John.
It is the album that Olivia Newton-John made smash hit in Australia, U.K., United States, and Japan in 1973. Track list for this album is not one that is unified in the world, the songs recorded including an US edition seemed to be different.
The contents of this album consist of 11 cover songs, and are sung by a simple in her early style. It got No. 1 in the US country chart. Let Me Be There, the title track of the album recorded the first Top Ten hit for her in the United States, and it seemed to support the sales of this album.
Needless to say, Take Me Home, Country Roads is a country pop song by John Denver. Unfortunately, Olivia version did not hit in the United States, but recorded a hit in Japan at that time. Her refreshing vocal fits a fresh green season.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
O | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

ブログランキングならblogram にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



ソニーストア

WOWOW

サントリーウエルネスオンライン

ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)

ファンケルオンライン

ソニーストア

Bose SoundSport in-ear headphones

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。