Easy Music Reviews

気なった洋楽をとりあげています。音楽や時間を共有できれば嬉しいです。 -I'm happy if we can share time and music through a review.-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 |

Firestone by Kygo featuring Conrad Sewell

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Writers: Kyrre Gørvell-Dahll, Conrad Sewell, Martijn Konijnenburg
Year: 2014
Length: 3:24
Album: Cloud Nine


Kygoのファースト・アルバムから。
Kygoこと、Kyrre Gørvell-Dahllはノルウェーのソングライター、DJ、音楽プロデューサーです。彼はEd Sheeranのヒット・ソングI See Fireをリミックスして、サウンドクラウドやユーチューブに投稿していました。そのリミックスの評価がじわじわと高まり、彼は非常に注目を集める存在となりました。
Firestoneは2014年にUltra MusicとSony Music Entertainmentからリリースされたシングルです。これは彼自身による初のノルウェーのヒット・チャートでNo. 1を獲得したシングルで、彼の知名度を高めた作品でもあります。この曲ではオーストラリアのシンガー・ソングライターConrad SewellをフィーチャーしオーストラリアでもTop10ヒットになりました。


From the first album by Kygo.
Kyrre Gørvell-Dahll, also known as Kygo is a Norwegian songwriter, DJ, and music producer. He remixed the hit song I See Fire by Ed Sheeran, had been posted on SoundCloud and YouTube. The value of the remix was rising gradually, and he was paid much attention.
Firestone is a single that was released from the Ultra Music and Sony Music Entertainment in 2014. The single won his first No. 1 in the Norwegian hit chart, and it was also enhanced his popularity. And, it was featured Australian singer-songwriter Conrad Sewell in the song, and was Top10 hit in Australia.




続きを読む
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:0 | トラックバック:0 |

If I Can't Have You by Kim Wilde

Writers: Barry Gibb, Robin Gibb, Maurice Gibb
Year: 1993
Length: 3:27
Album: The Singles Collection 1981-1993


Kim Wildeのベスト盤から。
イギリスのポップ・シンガーKim Wildeは1981年にシングルKids in Americaでデビューしました。これはイギリスではNo. 2まで上昇したのをはじめ、アメリカにおいてもNo. 25にランクされるスマッシュ・ヒットになっています。彼女のセルフ・タイトルのデビュー・アルバムからはセカンド・シングルChequered Loveもヨーロッパを中心にヒットし、アルバムのセールスも好調でした。
彼女が1993年に発表したベスト盤The Singles Collection 1981–1993がMCA Recordsからリリースされました。これには彼女の80年代の多くのヒット・ソングが収録されていましたが、これまで未発表だった作品も追加されていました。
If I Can't Have Youは彼女のニュー・シングルとして収録されました。これはBee Geesが1977年に発表したディスコ・ソングがオリジナルで、Yvonne Ellimanのバージョンも映画Saturday Night Feverのサウンドトラックに収録されています。


From the compilation album by Kim Wilde.
British pop singer Kim Wilde made her debut in the single Kids in America in 1981. It became a smash hit which was ranked as No. 25 in the United States, including rose to No. 2 in the U.K. Her second single Chequered Love also hit around Europe, her self-titled debut album made a big hit.
Her greatest hits album The Singles Collection 1981-1993 was released from MCA Records in 1993. It had been recorded her number of hit songs in 80's, and had also been added works previously unreleased.
If I Can't Have You was recorded as her new single then. As for it, it is a disco song that Bee Gees released in 1977 is original, and Yvonne Elliman version also recorded the soundtrack of the movie Saturday Night Fever.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:2 | トラックバック:0 |

Abadabadango by Kim Carnes



Writers: Kim Carnes, Dave Ellingson, Duane Hitchings
Year: 1985
Length: 3:58
Album: Barking at Airplanes


Kim Carnesの9枚目のアルバムから。
Kim Carnesはロサンゼルス出身のシンガー・ソングライターで、1960年代から音楽活動をしています。彼女は1971年にレコード・デビューして、これまでグラミー賞を2回受賞しています。
彼女は1971年にインディー・レーベルAmos RecordsからアルバムRest on Meでデビューしました。これはヒット・チャートにランクされませんでしたが、I Won't Call You BackとTo Love Somebodyの2曲がシングルリリースされました。
1985年にEMIからリリースされたアルバムBarking at Airplanesからは、リード・シングルCrazy in the Night (Barking at Airplanes)がスマッシュ・ヒットを記録しています。
セカンド・シングルとしてリリースされたAbadabadangoはシンセ・ポップ・ソングです。これはアメリカではNo. 67までしか上昇しませんでしたが、非常に軽快なポップスです。


From the 9th album by Kim Carnes.
Kim Carnes is a singer-songwriter born in Los Angeles, and has a music career from the 1960s. She debuted in 1971, has won the Grammy Award twice until now.
She debuted with the album Rest on Me from the indie label Amos Records in 1971. The album was not ranked in the hit charts, but the two songs, such as I Won't Call You Back and To Love Somebody has been released as singles.
The lead single Crazy in the Night (Barking at Airplanes) has recorded a smash hit, it was released from the album Barking at Airplanes by EMI in 1985.
Abadabadango is a synth-pop song released as a second single. It rose to only No. 67 in the United States, but is very light pop song.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:0 | トラックバック:0 |

Don't Waste Your Time by Kelly Clarkson



Writers: Kelly Clarkson, Fredrik Rinman, Jimmy Messer, Malcolm Pardon
Year: 2007
Length: 3:35
Album: My December


Kelly Clarksonのサード・アルバムから。
アメリカン・アイドルの初代ウィナーKelly Clarksonが2007年にRCA Recordsと19 Recordingsを通じてリリースしたアルバムがMy Decemberでした。このアルバムはヨーロッパから販売がスタートし、発売エリアを拡大するように最終的に北米でリリースされた作品でした。これは売り上げが好調で、どの地域においてもトップ10ヒットになりました。
Never Again、Sober、One Minute、Don't Waste Your Timeのシングルがアルバムからリリースされ、リード・シングルだったNever Againがアルバムからの最大のヒット・ソングでした。
Don't Waste Your Timeはアルバムからの最後のシングルでした。これはマルタのシンガー・ソングライターIra Loscoのヒット・ソングUh-Ohのギター・リフをサンプルしています。このギター・リフが効果的に使われて、軽快なポップ・ロック・ソングに仕上げられました。


From the third album by Kelly Clarkson.
American Idol's first winner Kelly Clarkson released an album My December through RCA Records and 19 Recordings in 2007. The album sales started from Europe, was finally released in North America to enlarge a release area. The sales were strong, recorded top 10 hit in any area.
Never Again, Sober, One Minute, and Don't Waste Your Time were released as singles from the album, the lead single Never Again was the biggest hit song from it.
Don't Waste Your Time was the last single from the album. It was sampled a guitar riff of a hit song Uh-Oh by a Maltese singer-songwriter Ira Losco. The guitar riffs are used effectively, was completed a light pop-rock song.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:0 | トラックバック:0 |

Dust in the Wind by Kansas



Writer: Kerry Livgren
Year: 1978
Length: 3:27
Album: Point of Know Return


Kansasの5枚目のアルバムから。
Kansasはアメリカのロック・バンドで、1970年代から1980年代にかけて多くのヒット・ソングを持っています。彼らはKirshner Recordsと契約し、1974年にセルフ・タイトルのアルバムでデビューしています。アルバムからはCan I Tell YouとBringing It Backがシングルとしてリリースされました。
彼等が1976年にリリースしたアルバムLeftovertureは初めて大きな成功を収めた作品でした。アルバムのリード・シングルCarry On Wayward Sonがアメリカでトップ10直前のNo. 11まで上昇し、アルバムはNo. 5まで到達するビッグヒットでした。
Leftovertureの発表の翌年にアルバムPoint of Know Returnが発表されました。このアルバムはLeftovertureを上回るNo. 4まで上昇しています。
Dust in the WindはPoint of Know Returnからのリード・シングルでした。これはアコースティック・ギターのイントロとストリングスが抒情的な彼らの代表作のひとつです。また、プログレらしくない歌詞も印象的な作品です。


From the 5th album by Kansas.
Kansas is an American rock band, has a lot of hit songs in the 1970s and 1980s. They contracted with Kirshner Records, and have debuted in their self-titled album in 1974. Can I Tell You and Bringing It Back was released as a single from the album.
The album Leftoverture which they released in 1976 was the work which gained big success for the first time. A lead single Carry On Wayward Son of the album rose up to the top 10 just before the No. 11 in the United States, the album was a big hit to reach to No. 5.
The album Point of Know Return was released in the next year of the announcement of Leftoverture. This album rose to No. 4 more than Leftoverture.
Dust in the Wind was the lead single from the Point of Know Return. It is a lyrical melody with an introduction of acoustic guitar and the strings, it regards one of their masterpieces. And, It is an impressive that the lyrics were not like a progressive rock.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:4 | トラックバック:0 |

Fire by Kasabian



Writer: Sergio Pizzorno
Year: 2009
Length: 4:12
Album: West Ryder Pauper Lunatic Asylum


Kasabianのサード・アルバムから。
Kasabianはイギリスのインディー・ロック・バンドで、サッカー日本代表の岡崎慎司選手が所属しているレスター・シティFCで日本でも注目され始めたレスターで1997年に結成されました。彼らはThe Stone Rosesの影響を受けて、1998年にデモの制作に取り掛かりました。
バンドは2004年にRCA RecordsとArista Recordsからセルフ・タイトルのデビュー・アルバムを発表しました。アルバムから、Reason Is Treason、Club Foot、L.S.F. (Lost Souls Forever)、Processed Beats、Cutt Offらがシングルカットされ、ミュージック・シーンに足跡を残しました。
West Ryder Pauper Lunatic Asylumは前作Empireからおよそ3年ぶりにリリースされたアルバムでした。ギタリスト、ソングライターChris Karloffがバンドを離れてはじめてリリースされた作品でもありました。
アルバムのリード・シングルだったFireは、アメリカのスーパーボウルのコマーシャルやサッカーのイングリッシュ・プレミア・リーグのテーマ・ソングにも使用されたエネルギッシュな作品です。


From the third album by Kasabian.
Kasabian is British indie rock band, formed in 1997 in Leicester where Japanese people begin to attract attention because Japanese international football player Shinji Okazaki is a member of Leicester City FC. They were influenced by The Stone Roses, got on with the production of the demo in 1998.
The band has released their self-titled debut album from RCA Records and Arista Records in 2004. Singles released from the album, such as Reason Is Treason, Club Foot, L.S.F. (Lost Souls Forever), Processed Beats, and Cutt Off, they left a mark on the music scene.
West Ryder Pauper Lunatic Asylum was the album that was released in about three years from their previous Empire. It was first album after a guitarist and songwriter Chris Karloff had left the band.
Fire was the lead single of the album, it featured Super Bowl commercials in the United States and theme song of English Premier League, it is an energetic song.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:0 | トラックバック:0 |

All My Life by K-Ci & JoJo



Writers: Joel Hailey, Rory Bennett
Year: 1998
Length: 3:39
Album: Love Always


K-Ci & JoJoのファースト・アルバムから。
K-Ci & JoJoはアメリカのR&Bデュオで、Cedric "K-Ci" HaileyとJoel "JoJo" Haileyの兄弟で構成されています。そして、彼らはR&BグループJodeciのメンバーとしても知られています。
彼らはJodeciのメンバーとして90年代のヒップ・ホップ・シーンで活躍したのち、兄弟デュオとしての作品のリリースにも精力的でした。K-Ci Haileyは1994年に映画Jason's Lyricのサウンドトラックに参加し、Bobby WomackのIf You Think You're Lonely Nowをカバーしています。デュオとしては、How Could Youを1996年に映画Bulletproofのサウンドトラックに提供しています。
1997年には彼らのデビュー・アルバムLove AlwaysがMCA Recordsからリリースされました。アルバムからのサード・シングルAll My LifeがアメリカでNo. 1ヒットを記録しただけではなく、ヨーロッパでも大ヒットしました。
このメロウなナンバーは1983年のPaul Ankaのヒット・ソングHold Me 'Til the Mornin' Comesをサンプリングしています。


From the first album by K-Ci & JoJo.
K-Ci & JoJo is an American R&B duo, consists of brothers Cedric "K-Ci" Hailey and Joel "JoJo" Hailey. And, they are also known as members of R&B group Jodeci.
After they played an active part in the 90's hip hop scene as a member of Jodeci, they are also energetic in release of their works as the brother duo. K-Ci Hailey participated in the soundtrack of the movie Jason's Lyric in 1994, covered Bobby Womack's If You Think You're Lonely Now. As a duo, they provided How Could You to the soundtrack of the movie Bulletproof in 1996.
In 1997, their debut album Love Always was released from MCA Records. The third single All My Life from the album was not only recorded the No. 1 hit in the United States, was a big hit in Europe.
This mellow number was sampled the 1983 hit song Hold Me 'Til the Mornin' Comes by Paul Anka.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:2 | トラックバック:0 |

Time to Say Goodbye by Katherine Jenkins



Writers: Francesco Sartori, Lucio Quarantotto
Year: 2005
Length: 3:45
Album: Second Nature (La Diva)


Katherine Jenkinsのセカンド・アルバムから。
ウェールズ出身のメゾソプラノ・シンガーKatherine Jenkinsは2004年にアルバムPremiereでデビューして以降、彼女がリリースしてきたスタジオ・アルバムのうち8枚もイギリスのクラシック・チャートでNo. 1獲得している、とても人気があるクラシカル・クロスオーバーのシンガーです。
彼女のセカンド・アルバムSecond Natureは2004年にUniversal Classics and Jazzからリリースされ、翌年発売された北米ではLa Divaというタイトルでリリースされました。このアルバムは彼女にとって2枚目のNo. 1ヒットになっています。
Time to Say GoodbyeはAndrea BocelliとイギリスのソプラノSarah Brightmanとのデュエット・ナンバーとして有名になった曲で、日本でも人気がある曲ですよね。Katherine Jenkinsのバージョンでは非常にシンプルに仕上がっています。


From the second album by Katherine Jenkins.
Welsh mezzo-soprano Katherine Jenkins is a poplar classical-crossover singer who released eight studio albums got No. 1 in the UK classical charts since debuted with an album Premiere in 2004.
Her second album Second Nature was released from Universal Classics and Jazz in 2004, was also released under the title of La Diva in North America in 2005. The album has become the second No. 1 hit for her.
Time to Say Goodbye is a song that became famous as a duet number by Andrea Bocelli and British soprano Sarah Brightman, is a popular song even in Japan. In the Katherine Jenkins version, her voice is outstanding so it created simply.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:2 | トラックバック:0 |

Strength of the Mind by Killswitch Engage



Writer: Killswitch Engage
Year: 2015
Length: 3:48
Album: Incarnate


Killswitch Engageの7枚目のアルバムから。
Killswitch Engageはアメリカのマサチューセッツで1999年に結成されたメタルコア・バンドです。彼らは90年代にアメリカで活動していたメタルコア・バンドAftershockとOvercastのメンバーを中心に設立されました。
彼らは2000年にFerret Musicからセルフ・タイトルのデビュー・アルバムを発表しました。2002年にRoadrunner Recordsからリリースされた彼らのセカンド・アルバムAlive or Just Breathingからはシングルもリリースされています。
サード・アルバムであるThe End of Heartacheからは、アルバムのタイトル・トラックがアメリカのロック・チャートで注目され、アルバムのセールスを後押ししました。
彼らの最新作Incarnateは先日リリースされたばかりですが、Strength of the Mind、Hate by Design、Cut Me Looseのシングルがすでに発表されています。
リーディング・シングルだったStrength of the Mindはパワフルなボーカルとバックに流れるギターがかっこいい曲です。


From the seventh album by Killswitch Engage.
Killswitch Engage is an American metalcore band that was formed in 1999 in Massachusetts. They were established by the members of the metalcore band Aftershock and Overcast, which was active in the United States in the 1990s.
They released their self-titled debut album from Ferret Music in 2000. Released from Roadrunner Records in 2002, their second album Alive or Just Breathing has been released the singles.
From the third album The End of Heartache, The title track of the album has been noted in the US rock chart, it has boosted the sales of the album.
Their latest work Incarnate has just been released the other day, Strength of the Mind, Hate by Design, single Cut Me Loose have been already released as singles.
Leading single Strength of the Mind is a vigorous track with powerful vocals and cool guitars.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:0 | トラックバック:0 |

Tell Me If You Wanna Go Home (Roof Top Mix) by Keira Knightley & Hailee Steinfeld



Writers: Gregg Alexander, Nick Lashley
Year: 2014
Length: 3:27
Album: Begin Again (Music From and Inspired by the Original Motion Picture)


Begin Again(はじまりのうた)のサウンドトラックから。
2014年に公開されたアメリカの音楽コメディ映画Begin Againは、シンガー・ソングライター役Keira Knightleyと音楽プロデューサー役Mark Ruffaloを中心に描かれた作品です。この映画にはアメリカのロック・バンドMaroon 5のフロントマンAdam LevineもKnightleyの元彼のミュージシャン役で出演しています。
このサウンドトラックからは以前Adam LevineのA Higher Placeを紹介したので、二曲目の登場です。Tell Me If You Wanna Go Homeは主役のKeira Knightleyが歌う作品です。Roof Top Mixはニューヨークの夜景をバックに建物の屋上で出演者が演奏しているビデオがクールな作品です。Hailee SteinfeldはRuffaloの娘役で映画に出演していますが、この曲では終盤のギターで参加しています。


From the soundtrack of Begin Again.
American musical comedy film Begin Again releasd in 2014, Keira Knightley (as a singer-songwriter) and Mark Ruffalo (as a musical producer) were starring. And the band frontman Adam Levine of American rock band Maroon 5 appeared the role of Knightley's ex-boyfriend and musician.
A Higher Place by Adam Levine was introduced from the soundtrack before, so it is second track here. Tell Me If You Wanna Go Home is sung by Keira Knightley in the leading role. Roof Top Mix is the song that the video which movie casts play in the rooftop of the building backed in the background the night view of New York is cool. Hailee Steinfeld has appeared in the movie as the daughter role of Ruffalo, she plays a loud guitar in the song.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
K | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

ブログランキングならblogram にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



ソニーストア

WOWOW

サントリーウエルネスオンライン

ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)

ファンケルオンライン

ソニーストア

Bose SoundSport in-ear headphones

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。