Easy Music Reviews

気なった洋楽をとりあげています。音楽や時間を共有できれば嬉しいです。 -I'm happy if we can share time and music through a review.-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 |

Thorn in My Side by Eurythmics

Writers: Annie Lennox, David A. Stewart
Year: 1986
Length: 4:13
Album: Revenge


Eurythmicsの6枚目のアルバムから。
イギリスのポップ・デュオEurythmicsが1986年にアルバムRevengeを発表しました。これは彼らの前作Be Yourself Tonightから一年ぶりにリリースされました。このアルバムはRCA Recordsを通じてリリースされ、北欧のアルバム・チャートではNo. 1ヒットを記録しました。この作品は前作とくらべて、さらにロック色が前面に出たと言われています。
このアルバムからのリード・シングルはWhen Tomorrow Comesが選ばれたが、イギリスのシングル・チャートではNo. 30を逃してしまいました。このあとにセカンド・シングルとしてリリースされたのが、Thorn in My Sideでした。これはポップ・ロック・スタイルの曲で、これまでのところ彼らの最後のトップ10ヒットになっています。


From the 6th album by Eurythmics.
British pop duo Eurythmics has released their 6th album Revenge in 1986. It was released for the first time in a year since their previous work Be Yourself Tonight. The album was released through RCA Records, was recorded a No. 1 hit in the Nordic album chart. Compared with the previous work, it is said that more rock style came to the front.
In the lead single from the album, When Tomorrow Comes was chosen, but has missed No. 30 with the British singles chart. Thorn in My Side was released as the second single after When Tomorrow Comes released. It is a pop-rock style song, and it has become their last Top 10 hit to date.




続きを読む
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:2 | トラックバック:0 |

America's Sweetheart by Elle King



Writers: Elle King, Martin Johnson
Year: 2016
Length: 4:06
Album: Love Stuff


Elle Kingのデビュー・アルバムから。
アメリカのシンガー・ソングライターElle Kingが2015年にRCA Recordsからリリースしたデビュー・アルバムLove Stuffがアメリカ以外の国々でもロングセラーを見せています。彼女の音楽スタイルは多岐にわたるジャンルをブレンドしたものを特徴として、その結果ヨーロッパでも好評を博しているのでしょうか。
2014年にリリースされた彼女のデビュー・シングルEx's & Oh'sがアメリカのロック・チャートとアダルト・ポップ・チャートでNo. 1ヒットになったのをはじめ、各地でスマッシュ・ヒットを記録して以降、Under the Influence、America's Sweetheart、Good Girlsなどリリースされたシングルがロック系チャートで評価されています。
America's SweetheartはアルバムのプロデューサーでもあるMartin Johnsonとともに書かれた作品です。これはアルバムから通算3枚目のシングルで、カントリー・テイストのロックです。この曲もアダルト・ポップ・ソングス・チャートとロック・チャートを中心にヒットしました。


From the debut album by Elle King.
The debut album Love Stuff which American singer-songwriter Elle King released from RCA Records in 2015 shows a longtime seller in the countries outside the United States. Her music-style is characterized by blended a wide variety of genres, so the album might won a favorable reception in Europe.
Released singles, such as Under the Influence, America's Sweetheart, and Good Girls are evaluated in the US rock chart since her debut single Ex's & Oh's released in 2014 recorded smash hit in each place, including it won No. 1 hit in an American rock chart and adult pop chart.
America's Sweetheart is a song that was co-written with Martin Johnson who is also the producer of the album. It is a rock song with country music taste in the third single in total from the album. And the song was also a hit in the center of the US adult pop songs chart and rock chart.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:0 | トラックバック:0 |

Wait for You by Elliott Yamin






Writers: Taj Jackson, Mikkel S. Ericksen, Tor Erik Hermansen
Year: 2007
Length: 4:21
Album: Elliott Yamin; Wait for You


Elliott Yaminのファースト・アルバムから。
Elliott Yaminはアメリカのシンガーで、2006年にアメリカで放送されていたアメリカン・アイドルから登場しています。彼は2007年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをインディー・レーベルHickory RecordsとRED Distributionから発表しました。アルバムはビルボードのインデペンデント・アルバム・チャートでNo. 1を獲得したのをはじめ、Hot 200ではNo. 3まで上昇しました。このアルバムは日本ではWait for Youというタイトルで発売されました。
Wait for Youはアルバムからのリード・シングルだったバラードです。これは日本ではNo. 3まで上昇する大ヒットになり、ファンが多い作品です。アメリカでは惜しくもTop10ヒットを逃す最高位No. 13にランクされました。


From the first album by Elliott Yamin.
Elliott Yamin is an American singer, was appeared from American Idol which was aired in 2006 in the United States. He released his self-titled debut album from indie label Hickory Records and RED Distribution in 2007. The album was rose to No. 3 in Hot 200, including the won the No. 1 in Billboard Independent Album chart.
Wait for You is a ballad that was a lead single from the album. It was a big hit to rise to No. 3 in Japan, is a popular song. It was peaked at No. 13 to miss the Top10 hit in the United States.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:0 | トラックバック:0 |

Fall in Love by Estelle featuring John Legend and Nas

Writers: Estelle, DJ Frank E, Nas, John Legend, Tiyon "TC" Mack, Le'Che Martin
Year: 2010
Length: 3:29
Album: All of Me


Estelleのサード・アルバムから。
ロンドン生まれのシンガー、ソングライター、プロデューサーEstelleが2012年にアルバムAll of Meをリリースしました。これはWarner Music、Atlantic Records、Homeschoolからリリースされましたが、残念ながら彼女の作品にしてはあまり売れませんでした。
彼女が2010年にリリースしたシングルFreakとFall in Loveはもともとアルバムに収録予定の作品でしたが、チャート・パフォーマンスが良くなかったために最終的にリストから外されたようです。Freakはカナダ人ラッパーKardinal Offishallをフィーチャーし、3Dダンス映画Step Up 3Dのサウンドトラックに収録されています。
Fall in Loveはシングルとして三つのバージョンが制作されました。それは彼女のソロ・バージョン、John Legendをフィーチャーしたバージョン、Nasをフィーチャーしたバージョンです。ミュージック・ビデオはJohn LegendとNasが登場するバージョンがそれぞれ制作されました。FreakとFall in LoveはiTunesからリリースされたAll of Meのデラックス・エディションに収録されるようになりました。


From the third album by Estelle.
Estelle who is a singer, songwriter, and producer from London has released the album All of Me in 2012. It was released by Warner Music, Atlantic Records, and Homeschool, but was not popular for her work very much unfortunately. Originally, the singles Freak and Fall in Love which she released in 2010 were a collecting planned work, but seemed to be finally omitted the album list because the chart performances were not good. Freak was featuring a Canadian rapper Kardinal Offishall, it has been included on the soundtrack of the 3D dance film Step Up 3D.
Fall in Love was produced three versions as a single. There are her solo version, the version featuring John Legend, and the version featuring Nas. Music video was produced two versions that appeared John Legend and Nas respectively. Freak and Fall in Love is included on the Deluxe Edition of All of Me, which was released from iTunes.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:0 | トラックバック:0 |

Make Me Lose Control by Eric Carmen

Writers: Eric Carmen, Dean Pitchford
Year: 1988
Length: 4:47
Album: The Best of Eric Carmen
Eric Carmenのベスト盤から。


アメリカのシンガー・ソングライターEric Carmenが1988年にArista Recordsからリリースしたコンピレーション・アルバムには彼の70年代から80年代にかけてのヒット・ソングが収録されていました。
1987年の暮れにリリースされた彼の大ヒット・ソングHungry Eyesや1977年にShaun Cassidyに提供したHey Deanieも彼のボーカルによって収録されています。
Make Me Lose ControlはHungry Eyesについでリリースされたシングルでした。Hungry Eyesは映画Dirty Dancingのサントラからリリースと彼にとってのカムバック・ヒットということで大変話題になりました。Make Me Lose Controlはアメリカのヒット・チャートではHungry Eyesよりも好成績を収めたにもかかわらず、なんか地味な印象です。この曲はノスタルジックなムードを持ったナンバーで、アダルト・コンテンポラリーでもNo. 1を獲得しました。


American singer-songwriter Eric Carmen was released his compilation album from Arista Records in 1988. It recorded his hit songs from 1970s to 1980s.
His blockbuster song Hungry Eyes released the end of the year of 1987, and he covered Hey Deanie which he wrote and sung by Shaun Cassidy in 1977 were recorded in the album.
Make Me Lose Control was the single which was released next to Hungry Eyes. Hungry Eyes became a very hot topic that his comeback hit and release from the soundtrack of the movie Dirty Dancing. Though Make Me Lose Control marked a good grade in the American hit chart than Hungry Eyes, it is some quiet impression. The song is a nostalgic number, it won the No. 1 in adult contemporary chart.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:2 | トラックバック:0 |

Mea Culpa (Part II) by Enigma



Writers: Michael Cretu, David Fairstein
Year: 1991
Length: 4:30
Album: MCMXC a.D.


Enigmaのデビュー・アルバムから。
MCMXC a.D.はいろいろと物議を醸したドイツの音楽プロジェクトEnigmaが1990年に発表したファースト・アルバムでした。グレゴリアン・ボーカルを大胆に取り入れたファースト・シングルSadeness (Part I)がヨーロッパの多くの国でNo. 1ヒットになったのをはじめ、アメリカにおいてもNo. 5まで到達しました。
Mea Culpa (Part II)はアルバムからのセカンド・シングルでした。この曲もSadeness (Part I)と同様にフランス語とラテン語で歌われ、CDシングルにはカトリックとオーソドックスの両バージョンが収録されていました。前作と比べれば大きなヒットにはなりませんでしたが、フランス、スイス、ドイツではトップ10ヒットを記録しました。


From a debut album by Enigma.
MCMXC a.D. was the first album by a German music project Enigma which caused controversy in various released in 1990. They incorporated Gregorian vocals boldly in their first single Sadeness (Part I), and it has been reached up to No. 5 in the United States, including won the No. 1 hit in many countries of Europe.
Mea Culpa (Part II) was the second single from the album. The song was also sung in French and Latin as well Sadeness (Part I), and both versions of Catholic and Orthodox had been recorded on the CD single. Compared with the previous work, it was not a major hit, but has recorded a top 10 hit in Germany, France, and Switzerland.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:0 | トラックバック:0 |

Goldie by Eddi Front



Writer: Ivana Carrescia
Year: 2016
Length: 2:51
Album: Marina


Eddi Frontのファースト・アルバムから。
ニューヨークのブルックリンを拠点に活動しているアメリカのシンガー・ソングライターEddi Frontがデビュー・アルバムMarinaを先日リリースしました。
彼女はIvana XLなどの名義でこれまで多くのレコーディングに加わってきましたが、2012年からEddi Frontという名前でソロ活動しています。特に、彼女が歌ったRobert PalmerのAddicted to LoveはレブロンのLove Is OnキャンペーンのCMで反響を呼びましたね。
2012年にセルフ・タイトルのEPでデビューし、今回初のフルレングス・アルバムが完成しました。アルバムはTugboat Recordsからリリースされています。
Goldieはアルバムのリーディング・トラックです。彼女のバイオリニストであるお父さんのバイオリンもフィーチャーされ、ピアノが響くナンバーです。


From the first album by Eddi Front.
American singer-songwriter Eddi Front, who is based in Brooklyn, New York has released a debut album Marina the other day.
She has been involved in a number of recordings under the name of Ivana XL, and begun to her solo activities as Eddi Front from 2012. Particularly, she covered Robert Palmer's Addicted to Love created a sensation in Revlon “Love Is On” campaign commercials.
In 2012, she debuted with her self-titled EP, her first full-length album was completed eventually. The album has been released from Tugboat Records.
Goldie is a leading track of the album. It is a song which sounds piano, and featured her father who is a professional violinist.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:0 | トラックバック:0 |

I Believe by E'voke

Writers: Stevie Wonder, Yvonne Wright
Year: 1994
Length: 5:41
Album:


E'vokeのシングルから。
E'vokeはKerry PotterとMarlaine Gordonから成るイギリスの女性ボーカル・デュオで、1994年にイギリスのダンス・ミュージック・レーベルFFRR Recordsからデビューしました。彼女たちはダンス・ミュージックやクラブ・シーンで知られていました。
I Believeは彼女たちのデビュー・シングルでした。これはStevie Wonderの1972年のアルバムTalking Bookに収録されているI Believe (When I Fall in Love It Will Be Forever)をダンス・ミュージック・カバーしたものです。リリース当初、これはほとんど話題になりませんでしたが、クラブでのリミックス・バージョンに注目が集まりました。


From the single by E'voke.
E'voke is a British female vocal duo consisting Kerry Potter and Marlaine Gordon, debuted from British dance music label FFRR Records in 1994. They were known in the dance music and club scene.
I Believe was their debut single. It is dance cover song of I Believe (When I Fall in Love It Will Be Forever) which recorded on Stevie Wonder's 1972 album Talking Book. It hardly became the topic when the song was released, but the remixies gathered attention at club.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:0 | トラックバック:0 |

Good Lava by Esperanza Spalding



Writer: Esperanza Spalding
Year: 2016
Length: 3:38
Album: Emily's D+Evolution


Esperanza Spaldingの5枚目のアルバムから。
Esperanza Spaldingはアメリカのジャズ・ベーシスト、シンガー、チェロ奏者です。彼女は幼少のころから音楽の非凡な才能を見いだされ、5歳の時に室内楽団でバイオリンを演奏していたそうです。その後、彼女は独学で様々な楽器を練習し、身に着けています。
彼女は2006年にデビュー・アルバムJunjoをAyva Musicaからリリースしました。それにつづけてリリースされたセカンド・アルバムEsperanzaがアメリカのジャズ・チャートや北欧で人気を得ました。
2010年にHeads Up Internationalを通じてリリースされたサード・アルバムChamber Music Societyによって、彼女はグラミー賞の最優秀新人賞を獲得しています。
Emily's D+Evolutionは4年ぶりに発表された彼女の最新作です。これはConcord Recordsからリリースされています。Good Lavaはミュージック・ビデオが制作された作品で、彼女のフリースタイルなボーカルと洗練された音楽が楽しめます。


From the fifth album by Esperanza Spalding.
Esperanza Spalding is an American jazz bassist, singer, and cellist. She was found a remarkable talent for music from her early age, it seems to have been playing the violin in the chamber orchestra at the age of five. After that, she learned various musical instruments by self-taught.
She has released a debut album Junjo in 2006 from Ayva Musica. Following it, her second album Esperanza was released, has gained popularity in the American jazz charts and Northern Europe.
She has won the Grammy Awards for the Best New Artist Award, by her third album Chamber Music Society, which was released through the Heads Up International in 2010.
Emily's D + Evolution is her latest work, was released for the first time in four years. It was released from Concord Records. Good Lava has been produced a music video, can be enjoy her free style vocals and sophisticated music.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:0 | トラックバック:0 |

I Wanna Be the Only One by Eternal featuring BeBe Winans

Writers: BeBe Winans, James "Rhett" Lawrence
Year: 1997
Length: 3:36
Album: Before the Rain


Eternalのサード・アルバムから。
イギリスのR&Bガール・グループEternalがアルバムBefore the Rainを1997年に発表しました。彼女たちはカルテットでデビューしましたが、1995年にLouise Redknappがソロ・キャリアを求めてバンドを離れてしまったので、当時はトリオとして活動していました。しかしながら、Kéllé Bryanもこのアルバムを最後にバンドを離れています。
I Wanna Be the Only Oneはアメリカのゴスペル・シンガーBeBe Winansをフィーチャーした曲で、彼女たちにとって初めてのイギリスでのNo. 1ヒット・ソングになりました。また、ヨーロッパの多くの国でヒット・チャートの上位にランクされる大ヒットでもありました。


From the third album by Eternal.
British R&B girl group Eternal has released the album Before the Rain in 1997. They debuted as the quartet, but Louise Redknapp had left the band for her solo career in 1995, so they were working as a trio at the time. However, Kéllé Bryan also left the band after the album released.
I Wanna Be the Only One is a song featuring an American gospel singer BeBe Winans, it became the first No. 1 hit song for them in the United Kingdom. In addition, it was a blockbuster ranked in the high position of the hit chart in European many countries.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
E | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

ブログランキングならblogram にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



ソニーストア

WOWOW

サントリーウエルネスオンライン

ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)

ファンケルオンライン

ソニーストア

Bose SoundSport in-ear headphones

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。