Easy Music Reviews

気なった洋楽をとりあげています。音楽や時間を共有できれば嬉しいです。 -I'm happy if we can share time and music through a review.-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 |

Spirit in the Sky by Doctor & The Medics

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Writer: Norman Greenbaum
Year: 1986
Length: 3:28
Album: Laughing at the Pieces


Doctor & The Medicsのアルバムから。
Doctor & The Medicsは1981年にロンドンで結成されたグラム・ロック・バンドで、サイケや歌舞伎の影響を受けたであろうメイクのバンドのフロントマンThe Doctorを中心に活動していました。その時のバンド・メンバーはギタリストSteve McGuire、ベーシストRichard Searle、ドラマーAndrew McLachlanで構成されていました。
彼らは1982年にシングルThe Druids Are Hereでデビューしましたが、その後1985年までほとんど作品はリリースされませんでした。1985年に彼らはIRS Recordsと契約し、EP Happy But Twistedをリリースしました。翌年、フルレングス・アルバムLaughing at the Piecesを発表しました。
Spirit in the Skyはイギリスのヒット・チャートでNo. 1を記録し、彼らのもっとも成功した作品です。これはアメリカのシンガー・ソングライターNorman Greenbaumが1969年にリリースしたのがオリジナルです。Doctor & The Medicsによるバージョンではかなり軽快なスタイルに仕上がりました。


From the album by Doctor & The Medics.
Doctor & The Medics is a gram rock band that was formed in London in 1981, they are working at the center of the frontman of the band The Doctor who make-up under the influence of psychedelic and Kabuki. The band members were composed of a guitarist Steve McGuire, a bassist Richard Searle, and a drummer Andrew McLachlan at that time.
They debuted with a single The Druids Are Here in 1982, but their works were hardly released until then 1985. They contracted with IRS Records in 1985 and released EP Happy But Twisted. The following year, they released a full-length album Laughing at the Pieces.
Spirit in the Sky recorded the No. 1 in the British single charts, and is their most successful work. It's original that American singer-songwriter Norman Greenbaum released it in 1969. The version by Doctor & The Medics produced a fairly light style.




続きを読む
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |

Victim of Me by Descendents

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Writers: Stephen Egerton, Bill Stevenson
Year: 2016
Length: 1:36
Album: Hypercaffium Spazzinate


Descendentsの七枚目のアルバムから。
Descendentsは1977年から活動している非常にキャリアが長いパンク・ロック・バンドです。バンドのオリジナル・メンバーはギタリスト兼ボーカリストDavid Nolte、ギタリストFrank Navetta、ドラマーBill Stevensonでした。彼らはロサンゼルスのマンハッタン・ビーチを拠点に活動し、Nolteがバンドを離れたものの、ベーシストTony Lombardoと新たなリード・シンガーMilo Aukermanをバンドに雇い入れて、カリフォルニアのパンク・ミュージック・シーンに再登場してきました。
彼らのデビューは1981年にリリースされたシングルRide the Wild / It's a Hectic Worldで、これはOrcaレーベルから発売されました。
アルバムHypercaffium Spazzinateはリリースされたばかりの彼らのニュー・アルバムです。これはEpitaph Recordsからリリースされました。これは2004年にリリースされたアルバムCool to Be Youから久しぶりにリリースされました。


From the seventh album by the Descendents.
The Descendents is active from 1977, and are the punk rock band with very long career. The original members of the band were a guitarist and vocalist David Nolte, guitarist Frank Navetta, and drummer Bill Stevenson. They were based in Manhattan Beach, Los Angeles, Nolte had left the band, but the band hired a bassist Tony Lombardo and a new lead singer Milo Aukerman, has re-appeared in the California punk music scene in the year.
Their debut is the single Ride the Wild / It's a Hectic World which was released in 1981, it has released from Orca label.
An album Hypercaffium Spazzinate is their new album has just been released. It was released from Epitaph Records. It was released for the first time in a long time from the 2004 album Cool to Be You.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |

I Have a Dream by DJ Quicksilver

Writers: Orhan Terzi, Tommaso De Donatis
Year: 1996
Length: 3:36
Album: Quicksilver


DJ Quicksilverのファースト・アルバムから。
DJ Quicksilverこと、Orhan Terziはトルコのトラブゾン出身のDJ、音楽プロデューサーで、ドイツを拠点に活動しています。彼は日本のレコード・レーベルであるエイベックス・トラックスとも契約しています。彼は音楽プロデューサー、コンポーザーTommaso De Donatisとの共同作業により多くの作品をリリースしています。
彼が1997年にリリースしたI Have a Dreamとの両A面シングルであるBellissimaがイギリスのダンス・ミュージック・シーンで大いに注目を浴びて有名になりました。
I Have a DreamはMartin Luther Kingの有名なスピーチの一節であるI Have a Dreamをサンプルしています。このシングルはBellissimaとI Have a Dreamがそれぞれの地域で異なる売れ方をした興味深い作品です。


From the first album by DJ Quicksilver.
Orhan Terzi, also known as DJ Quicksilver is a DJ and music producer from Trabzon, Turkey, is active based in Germany. He is contract with Japanese record label Avex Trax. He has released a number of works with music producer and composer Tommaso De Donatis.
He released a double A-side single Bellissima with I Have a Dream which was released in 1997, became famous by taking a great deal of attention in the dance music scene in the UK.
I Have a Dream sampled I Have a Dream which is a famous phrase of speech by Martin Luther King. Bellissima and I Have a Dream is the interesting work that the different selling in each region.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |

This One's for You by David Guetta featuring Zara Larsson



Writers: David Guetta, Giorgio Tuinfort, Nick Van de Wall, Ester Dean, Thomas Troelsen
Year: 2016
Length: 3:27
Album:


David Guettaのシングルから。
フランスの大人気DJ、プロデューサーDavid Guettaが5月にParlophoneからシングルThis One's for Youをリリースしています。この曲は、スウェーデン人シンガー・ソングライターZara Larssonをフィーチャーしています。
This One's for Youは現在フランスで開催されている4年に一度のサッカーの大イベントUEFA Euro 2016のオフィシャル・ソングとして制作され、先日、ふたりはパリのエッフェル塔のそばでライブ・パフォーマンスをみせてくれました。
この曲のプロデュースにはAfrojackも参加しており、David GuettaとGiorgio Tuinfortの三人によってプロデュースされました。


From the single by David Guetta.
France's most popular DJ and producer David Guetta has released the single This One's for You from Parlophone in May. The song is featured Swedish singer-songwriter Zara Larsson.
This One's for You is produced as an official song for UEFA Euro 2016 held in France which is big football event once in four years, and the two showed a live performance in near the Eiffel Tower in Paris the other day.
Afrojack participated in production of the song, it was produced by the three of David Guetta and Giorgio Tuinfort.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |

See the Day by Dee C. Lee



Writer: Dee C. Lee
Year: 1985
Length: 4:39
Album: Shrine


Dee C. Leeのファースト・アルバムから。
Dee C. Leeこと、Diane Catherine Sealyはイギリスのシンガー・ソングライターです。彼女はWham!やThe Style Councilのバック・ボーカルとしてもよく知られています。彼女は1980年代の初頭にポップ・デュオWham!のバッキング・ボーカリストとして活動したのち、Paul Wellerが新たに結成したグループThe Style Councilに加入しています。彼女はWham!のミュージック・ビデオにも出演していました。
彼女はWham!のコーラスから離れて、ソロ・デビュー・シングルSelina Wow Wowをリリースしました。この曲はポップなスタイルでラジオ・フレンドリーな作品でしたが、ヒット・チャートではあまり評価されませんでした。
See the DayはThe Style Councilの活動中にリリースされたシングルでした。これは1985年にCBS Recordsからリリースされ、イギリスでTop3ヒットを記録しました。この曲は彼女自身によって書かれたバラードで、彼女のこれまでの最大のヒットソングになっています。


From the first album by Dee C. Lee.
Diane Catherine Sealy, also known as Dee C. Lee is a British singer-songwriter. And, she is also well known as a backing vocalist for Wham! and The Style Council. After she was working as a back vocalist for the pop duo Wham! in the early 1980s, and joined the group The Style Council that Paul Weller formed newly. She had appeared in music video of Wham!
She left the chorus member of Wham!, and released her solo debut single Selina Wow Wow. The song was a radio-friendly in pop style, but it was not so much evaluation in the hit charts.
See the Day was the single that was released in the activities of The Style Council. It was released from CBS Records in 1985, was recorded the Top3 hit in the UK. The song is a ballad written by herself, and became her biggest hit song to date.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |

Here We Go Again by Demi Lovato



Writers: Isaac Hasson, Lindy Robbins, Mher Filian
Year: 2009
Length: 3:46
Album: Here We Go Again


Demi Lovatoのセカンド・アルバムから。
Here We Go AgainはDemi Lovatoが2009年にHollywood Recordsからリリースした自身二枚目のアルバムでした。彼女のデビュー・アルバムDon't Forgetは2008年にリリースされた作品でしたが、ディズニー・チャンネルで放映されていたCamp Rockシリーズのつながりから、Jonas Brothersとのほとんどコラボレーション作品でもありました。
しかし、アルバムHere We Go Againでは、彼女はToby Gad、Jon McLaughlin、Lindy Robbins、John Mayerなど異なるアーティストたちとのコラボレーションにより、新たな方向性を見出そうとしています。
Here We Go Again、アルバムのタイトル・トラックでもあるこの曲はリード・シングルとしてリリースされました。アメリカとカナダでヒットを記録し、アメリカではプラチナ・ディスクに認定されています。この曲はパワー・ポップ・スタイルで、彼女のパワフルなボーカルが楽しめます。


From the second album by Demi Lovato.
Here We Go Again is Demi Lovato's second album which she released from Hollywood Records in 2009. Her debut album Don't Forget was a work released in 2008, but it was from a connection of the Camp Rock series televised with Disney channel, and was collaborative work with Jonas Brothers.
She tried to find her musicality in the album Here We Go Again, worked with various artists, such as Toby Gad, Jon McLaughlin, Lindy Robbins and John Mayer.
Here We Go Again, it is also the title track of the album, was released as the lead single. It recorded a hit in the United States and Canada, have been certified platinum disc in the US. This song is a power pop style, you can enjoy her powerful vocals.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |

Take Me Back by The Defiants



Writers: Paul Laine, Bruno Ravel
Year: 2016
Length: 4:38
Album: The Defiants


The Defiantsのファースト・アルバムから。
The Defiantsは2015年に結成された新しいロック・バンドです。彼らはボーカリストPaul Laine、ベーシスト・ギタリストBruno Ravel、ギタリストRob Marcelloで構成されています。RavelとMarcelloはアメリカのハード・ロック・バンドDanger Dangerに在籍しており、Laineも2004年までリード・シンガーを務めていました。さらに、レコーディング時にはSteve Morse Bandや著名なアーティストのバックでリズムを刻んでいたVan Romaine
がドラマーに起用されています。
The Defiantsのセルフ・タイトルのデビュー・アルバムが4月にリリースされていますが、これはBruno Ravelによってプロデュースされています。アルバムからはLove and Bullets、Waiting On A Heartbreak、Take Me Backの3曲がYouTubeに公式音源が投稿されています。
Take Me Backは非常にキャッチーなロック・ナンバーで、80年代のアリーナ・ロックを思い出させます。特に、Bon Joviあたりを連想させるかもしれませんね。


From the first album by The Defiants.
The Defiants is a new rock band that was formed in 2015. It consists of a vocalist Paul Laine, a bassist guitarist Bruno Ravel, and guitarist Rob Marcello. Ravel and Marcello are enrolled in American hard rock band Danger Danger, and Laine had also served as the lead singer until 2004. Van Romaine appointed as the drummer when the recordings, he was beating out the rhythm in Steve Morse Band and the back of a famous artists.
The self-titled debut album by The Defiants has been released in April, which was produced by Bruno Ravel. Three songs from the album, such as Love and Bullets, Waiting on a Heartbreak, and Take Me Back are officially released on the YouTube.
Take Me Back is a catchy rock number, and reminded the arena rock of the '80s. In particular, it may be reminiscent of Bon Jovi.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |

Rhythm of the Night by DeBarge



Writer: Diane Warren
Year: 1985
Length: 3:49
Album: Rhythm of the Night


DeBargeの4枚目のアルバムから。
アメリカのファミリー・ポップ・グループDeBargeはデトロイトで結成され、1980年代に多くのヒット・ソングを持っています。彼らは1979年にグループを設立し、モータウン傘下のGordy Recordsと契約しました。1981年に、彼らはデビュー・アルバムThe DeBargesをリリースし、アルバムからは一枚のシングルWhat's Your Nameをリリースしています。
彼らが1985年にリリースしたアルバムRhythm of the Nightはインターナショナル・ヒットを記録した作品でした。これはアメリカでもプラチナ・ディスクに認定され、彼らの代表作になっています。
アルバムからリリースされたシングルRhythm of the Nightも彼らの最大のヒットを記録し、アメリカのR&BチャートでNo. 3まで上昇したのをはじめ、Hot 100ではNo. 19まで到達しています。


From the fourth album by DeBarge.
American family pop group DeBarge was formed in Detroit, they have a lot of hit songs in the 1980s. They founded the group in 1979, have a contract with Gordy Records under the umbrella of Motown. In 1981, they released their debut album The DeBarges, and have released one single What's Your Name from the album.
Their album Rhythm of the Night was released in 1985, was the remarkable work that was recorded international hit. It is certified platinum disc by RIAA in the United States, and it has known their masterpiece.
Released single Rhythm of the Night also recorded their biggest hits, it reached No. 19 in the Hot 100, including the rose to No. 3 in the US R&B chart.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:2 | トラックバック:0 |

Rebel Rebel by David Bowie



Writer: David Bowie
Year: 1974
Length: 4:30
Album: Diamond Dogs


David Bowieの8枚目のアルバムから。
David Bowieが1974年にRCA RecordsからリリースしたアルバムDiamond Dogsはコンセプト・アルバムでした。これはThe Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Marsについでリリースされた彼のセカンド・コンセプト・アルバムでもありました。Diamond Dogsは1949年に出版されたGeorge Orwellのディストピア・ノベルNineteen Eighty-Fourと彼のグラム・ロックの融合したものだと考えられています。
Rebel Rebelはアルバムのリード・シングルでした。この曲のギターはMick Ronsonではなく、David Bowie自身によって演奏され、プロデュースもされました。これは彼の最後のグラム・ロック作品と言われています。


From the 8th album by David Bowie.
David Bowie has released Diamond Dogs from RCA Records in 1974 was a concept album. It was his second-concept album, which was next to The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars in 1972. Diamond Dogs is considered as the fusion of his glam rock and the dystopian novels Nineteen Eighty-Four by George Orwell, which was published in 1949.
Rebel Rebel was the lead single of the album. Guitar was not played by Mick Ronson, David Bowie himself played and produced in this song. It is said to be his last glam rock work.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:4 | トラックバック:0 |

I Ain't Gonna Eat Out My Heart Anymore by Divinyls



Writers: Pam Sawyer, Laurie Burton
Year: 1992
Length: 4:30
Album: The Collection; Buffy the Vampire Slayer (Original Motion Picture Soundtrack)


Divinylsのコンピレーション・アルバムから。
オーストラリアのロック・バンドDivinylsはフロントウーマンChrissy AmphlettとギタリストMark McEnteeを中心に活動していました。バンドは2009年に解散を表明しましたが、1980年代から90年代にかけて多くのヒット・ソングがあります。
バンドは1990年にリリースしたシングルI Touch Myselfによって国際的にブレイクスルーしました。I Touch Myselfが収録されていたセルフ・タイトルのアルバムも大ヒットを記録しました。
1995年には、彼らにとって二枚目のコンピレーションをVirgin Recordsから発表しました。このアルバムからI Ain't Gonna Eat Out My Heart Anymore、Wild Thing、Love Is the Drugのシングルがリリースされました。
I Ain't Gonna Eat Out My Heart Anymoreは映画Buffy the Vampire Slayer (バッフィ/ザ・バンパイア・キラー)のサウンドトラックにもフィーチャーされました。この映画は中産階級の女子高生の吸血鬼との格闘を描いたもので、Kristy Swanson、Donald Sutherland、Paul Reubens、Rutger Hauer、Luke Perry、Hilary Swankが主演していました。


From the compilation album by Divinyls.
Australian rock band Divinyls had been active at the center of the frontwoman Chrissy Amphlett and guitarist Mark McEntee. The band announced its dissolution in 2009, but there are a number of hit songs from 1980s to the 1990s.
Band was broke through internationally by a single I Touch Myself which was released in 1990. Their self-titled album which included I Touch Myself also recorded a big hit.
In 1995, they released their second compilation from Virgin Records. I Ain't Gonna Eat Out My Heart Anymore, Wild Thing, and Love Is the Drug were released as singles from the album.
I Ain't Gonna Eat Out My Heart Anymore also featured the soundtrack of the movie Buffy the Vampire Slayer. It was drew that a middle class female high school student fights with a vampire, the starring were Kristy Swanson, Donald Sutherland, Paul Reubens, Rutger Hauer, Luke Perry and Hilary Swank.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
D | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

ブログランキングならblogram にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



ソニーストア

WOWOW

サントリーウエルネスオンライン

ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)

ファンケルオンライン

ソニーストア

Bose SoundSport in-ear headphones

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。