Easy Music Reviews

気なった洋楽をとりあげています。音楽や時間を共有できれば嬉しいです。 -I'm happy if we can share time and music through a review.-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 |

Bored to Death by Blink-182



Writers: Mark Hoppus, Travis Barker, Matt Skiba, John Feldmann
Year: 2016
Length: 3:55
Album: California


Blink-182の7枚目のアルバムから。
Blink-182は1992年にカリフォルニアで結成されたロックバンドで、ボーカリスト兼ベーシストMark Hoppus、 ボーカリスト兼ギタリストMatt Skiba、ドラマーTravis Barkerで構成されています。1990年代の初頭に南カリフォルニアのパンク・ミュージック・シーンに登場すると、エネルギッシュなライブ・パフォーマンスで人気になりました。
彼らは最新作Californiaを7月にBMG Rights Managementから発表しました。これは彼らの前作Neighborhoodsから5年ぶりのリリースとなり、アメリカ国内では早くもNo. 1を獲得しています。
Bored to Deathはニュー・アルバムからのリード・シングルとして4月にリリースされました。これはTom DeLongeの代わりに加入したMatt Skibaの最初のシングルになりました。


From the seventh album by Blink-182.
Blink-182 is a rock band that was formed in California in 1992, and is composed of vocalist and bassist Mark Hoppus, vocalist and guitarist Matt Skiba, and drummer Travis Barker. They appeared in the punk music scene of Southern California in the early 1990s, became popular in their energetic live performance.
They announced the latest album California from BMG Rights Management in July. It is released in 5 after from their previous work Neighborhoods, and already got No. 1 hit in the United States.
Bored to Death was released in April as the lead single from the new album. It became the first single of Matt Skiba who joined replaced Tom DeLonge.





続きを読む
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |

Banana Republic by The Boomtown Rats

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Writers: Pete Briquette, Bob Geldof
Year: 1980
Length: 3:24
Album: Mondo Bongo


The Boomtown Ratsの6枚目のアルバムから。
The Boomtown Ratsはアイルランドのニュー・ウェーブ・バンドで、フロントマンBob Geldofが特に有名な人物です。Bob Geldofはバンド・エイドでも注目を集めましたが、彼はバンドを結成した当時からチャリティ活動にも力を注いでいたようです。
バンドは1976年にロンドンでEnsign Recordsと契約を結び、デビュー・シングルLookin' After No. 1を1977年にリリースしました。
彼らの4枚目のスタジオ・アルバムMondo Bongoは、彼らがMercury Recordsから初めてリリースした作品でした。これはイギリスではNo. 6まで上昇する大ヒットになりました。
アルバムからのリード・シングルがBanana Republicでした。この曲はレゲエの要素を取り入れたスタイルで、イギリスとアイルランドでNo. 3まで上昇しました。


From the 6th album by The Boomtown Rats.
The Boomtown Rats is the Irish New Wave band, and the band frontman Bob Geldof is the most famous person. Bob Geldof has been attracted attention in the Band Aid, but it seems he was keen to charity activities from the time that formed the band.
The band signed a contract with Ensign Records in London in 1976, they have released their debut single Lookin' After No. 1 in 1977.
Their fourth studio album Mondo Bongo was the work which they released for the first time from Mercury Records. It has become a big hit to rise to No. 6 in the UK.
Lead single from the album was Banana Republic. The song is a style that incorporated elements of reggae, rose up to No. 3 in the United Kingdom and Ireland.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |

Beat Dis by Bomb the Bass

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Writers: Pascal Gabriel, Tim Simenon
Year: 1988
Length: 3:21
Album: Into the Dragon


Bomb the Bassのファースト・アルバムから。
Bomb the Bassはイギリスのミュージシャン、プロデューサーTim Simenonによるソロ・プロジェクトです。彼のサウンドの特徴はサンプリングとリズム・セクションのループが挙げられています。
彼は1988年にデビュー・アルバムInto the DragonをRhythm King Recordsから発表しました。このアルバムからは、MaureenをフィーチャーしたI Say a Little Prayer、Megablast、LorraineをフィーチャーしたDon't Make Me Wait、Beat Disがシングルとしてリリースされました。
Beat Disはイギリスのシングル・チャートでNo. 2まで上昇したのをはじめ、ヨーロッパでTop10ヒットを記録しました。これはアメリカにおいても、ダンスチャートでNo. 1を獲得しました。


From the first album by Bomb the Bass.
Bomb the Bass is a solo project by a British musician and producer Tim Simenon. The sampling and the loop of the rhythm section are cited in the characteristic of his sound.
He released his debut album Into the Dragon from Rhythm King Records in 1988. I Say a Little Prayer featuring Maureen, Megablast, Don't Make Me Wait featuring Lorraine, and Beat Dis have been released as a single from the album.
Beat Dis recorded Top10 hit in Europe, including rose to No. 2 in British singles chart. It won the No. 1 on the US dance chart.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |

Summertime Blues by Blue Cheer

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Writers: Eddie Cochran, Jerry Capehart
Year: 1968
Length: 3:43
Album: Vincebus Eruptum


Blue Cheerのファースト・アルバムから。
Blue Cheerはアメリカのロック・バンドで、1967年にボーカリスト兼ベーシストDickie Peterson、ギタリストLeigh Stephens、ドラマーEric Albrondaによってサンフランシスコで結成されました。彼らはこれまで解散と再結成を繰り返しており、直近では2009年まで活動していました。彼らは当初、サイケデリック・ブルース・ロック・スタイルで演奏していましたが、現代ではヘヴィ・メタルのパイオニアのひとつとも言われています。
バンドのドラマーがPaul Whaleyに交代し、彼らは1968年にPhilips Recordsからデビュー・アルバムVincebus Eruptumを発表しました。このアルバムはアメリカのアルバム・チャートでNo. 11まで上昇する大ヒットになりました。
Summertime Bluesはアルバムからリリースされた唯一のシングルでしたが、アメリカとカナダのヒット・チャートで好評でした。これのオリジナルはEddie Cochranのロカビリーで、彼らのバージョンは相当ハードな仕上がりになっています。


From the first album by Blue Cheer.
Blue Cheer in the American rock band, was formed by a vocalist and bassist Dickie Peterson, guitarist Leigh Stephens, and drummer Eric Albronda in San Francisco in 1967. They were repeated disband and reunited ever, but had been working until 2009 recently. Initially, they were playing in psychedelic blues-rock style, but it has been said to be one of the pioneers of heavy metal in modern times.
The drummer of the band was replaced to Paul Whaley, they released their debut album Vincebus Eruptum from Philips Records in 1968. The album became a huge hit to rise to No. 11 in the United States album chart.
Summertime Blues was the only single that was released from the album, but it was well received in the hit charts in the United States and Canada. This original is rockabilly tune by Eddie Cochran, and their version is the quite hard style.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |

The Main Event/Fight by Barbra Streisand

Writers: Bob Esty, Paul Jabara, Bruce Roberts
Year: 1979
Length: 4:52
Album: The Main Event (soundtrack)


The Main Eventのサウンドトラックから。
The Main Event (メーン・イベント)はボクシングをモチーフに扱ったロマンティック・コメディ映画です。この映画はBarbra StreisandとRyan O'Nealが主演で、1979年に公開されました。
映画の公開に合わせて、サウンドトラックも発表されました。このサウンドトラックは北米を中心に大ヒットを記録しました。サウンドトラックにはMichael Melvoin、Loggins and Messina、Frankie Valli and The Four Seasonsが参加していました。
The Main Event/Fightはアルバムにはシングル・バージョン以外に2つのバージョンが収録されています。アルバムのオープニング・トラックにもなっているバージョンは11分以上の長さで収録されています。また、バラード・バージョンは最後に収録されているトラックでFightが省略されています。この曲はBarbra Streisandには珍しいディスコ・スタイルの作品です。


From the soundtrack of The Main Event.
The Main Event is a romantic comedy movie with boxing as a motif. This movie is starring Barbra Streisand and Ryan O'Neal, was released in 1979.
The soundtrack was also released according to the opening to the public of a movie, and was a big hit in North America. Michael Melvoin, Loggins and Messina, and Frankie Valli and The Four Seasons had participated in the soundtrack.
The Main Event/Fight, two versions are recorded on the album besides the single version. The opening track of the album has been recorded by the length of more than 11 minutes. In addition, the ballad version, Fight is omitted by a collected on the last.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |

Sun by Belinda Carlisle



Writers: Belinda Carlisle, Gabe Lopez, Jane Wiedlin
Year: 2013
Length: 3:59
Album: ICON - The Best of Belinda Carlisle; The Collection


Belinda Carlisleのコンピレーション・アルバムから。
アメリカのソロ・シンガーで、女性ロック・バンドThe Go-Go'sのリード・シンガーとしても有名なBelinda Carlisleが2013年にアメリカではICON - The Best of Belinda CarlisleをGeffen Recordsから発表し、2014年にはイギリスでThe CollectionをEdsel Recordsから相次いでリリースしています。彼女はそれまでもいくつもベスト盤をリリースしていましたが、このときにリリースされたのはVirgin Recordsから2003年にリリースされたEssential以来10年ぶりの作品でした。
これらのコンピレーションが発売されたときに話題になったのが、いくつかの新曲が収録されていたことでした。Sunは彼女にとって15年ぶりの新曲で、前作は1999年のAll God's Childrenまで遡ることになります。
新曲Sunはアメリカのシンガー・ソングライターGabe LopezとThe Go-Go'sのギタリストだったJane Wiedlinとの共作です。曲調もダンサブルで80年代のBelinda Carlisleを彷彿とさせます。


From the compilation album by Belinda Carlisle.
Belinda Carlisle is an American singer, and is also famous as a lead singer of The Go-Go's. She has released her compilation albums, ICON - The Best of Belinda Carlisle from Geffen Records in the United States in 2013 and The Collection from Edsel Records in the U.K. in 2014. She was released several greatest hits album up to date, those were the works since the first time in 10 years Essential that was released from the Virgin Records in 2003.
These compilations became a topic when it was released, so new songs were recorded on the albums. Sun was a new song in 15 after for her then, and her previous work was back to All God's Children in 1999.
Her new song Sun was co-written with a guitarist Jane Wiedlin of The Go-Go's and American singer-songwriter Gabe Lopez. The melody is danceable, it reminds of Belinda Carlisle in the 80s.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:2 | トラックバック:0 |

So Good, So Right by Brenda Russell

Writer: Brenda Russell
Year: 1979
Length: 3:21
Album: Brenda Russell


Brenda Russellのファースト・アルバムから。
Brenda Russellはアメリカのシンガー、ソングライターです。彼女は、自身のボーカルで1988年にヒットしたPiano in the Darkや、1991年にアメリカのシンガーOleta AdamsがヒットさせたGet Hereのソングライターとして知られています。
彼女はミュージシャンの両親のもと、ニューヨークのブルックリンに生まれした。彼女は12歳のときに両親とともにカナダに引っ越しています。カナダのトロントを拠点に活動していたガール・グループThe Tiarasに加わり、シングルをリリースしているが、セールスはよくなかったようです。その後、彼女はミュージシャンBrian Russellと結婚し、Brian & Brendaという名前でアルバムをリリースしています。
彼女は1979年にセルフ・タイトルのソロ・デビュー・アルバムをA&M Recordsから発表しました。彼女のデビュー・シングルSo Good, So Rightも79年にリリースされアメリカではNo. 30まで上昇し、アダルト・コンテンポラリー・チャートではNo. 8を記録しました。


From the first album by Brenda Russell.
Brenda Russell is an American singer and songwriter. Piano in the Dark which was hit in 1988 with its own vocals, and is known as the songwriter of Get Here in 1991 which was hit by American singer Oleta Adams.
Her parents were musician, she was born in Brooklyn, New York. She moved to Canada with her parents at the time of the 12-year-old. She joined the girl group The Tiaras which was active in Toronto, Canada, released a single, but sales were not good. Then, she married a musician Brian Russell, has released some albums under the name of Brian & Brenda.
She released her self-titled solo debut album in 1979 from A&M Records. Her debut single So Good, So Right also released rose to No. 30 in the United States in '79, and was recorded the No. 8 in the adult contemporary chart.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |

Heaven by Bryan Adams






Writers: Bryan Adams, Jim Vallance
Year: 1985
Length: 4:03
Album: Reckless; A Night in Heaven (soundtrack)


Bryan Adamsの4枚目のアルバムから。
アルバムRecklessはカナダ人シンガー・ソングライターBryan Adamsが1984年にリリースした作品です。アルバムのプロデュースはBryan Adams自身とBob Clearmountainと共同でなされ、A&M Recordsによってリリースされました。アルバムからは多くのヒット・ソングが誕生し、Bryan Adamsの名前を国際的なものにした作品として有名です。
HeavenはBryan AdamsとJim Vallanceによって書かれた作品です。この曲は当初、Christopher AtkinsとLesley Ann Warrenが主演した恋愛映画A Night in Heavenのサウンドトラックに収録されていました。このサントラは映画の公開に合わせて1983年にリリースされました。
この曲はアルバムからのサード・シングルとして1985年にリリースされ、彼にとってはじめてのアメリカでのNo. 1ヒットソングになっています。この曲が書かれたときに、彼はアメリカのロック・バンドJourneyのツアーの前座を務めており、当時ヒットしていたFaithfullyの影響を受けたと言われています。


From the fourth album by Bryan Adams.
Reckless is an album Canadian singer-songwriter Bryan Adams released in 1984. The album was co-produced by Bryan Adams himself and Bob Clearmountain, was released by A&M Records. Many hit songs were produced from the album, it made become Bryan Adams international artist.
Heaven was written by Bryan Adams and Jim Vallance. Originally, this song had been recorded on the sound track of the romance movie A Night in Heaven which Christopher Atkins and Lesley Ann Warren starred. The soundtrack was released in 1983 in accordance with the open of the movie.
The song was released in 1985 as the third single from the album, has become a first No. 1 hit song in the United States for him. When this song was written, he has served as the opening act on that American rock band Journey's tour, it is said to have affected by Faithfully that was hit in 1983.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:4 | トラックバック:0 |

Blame It on the Summer by Basia



Writer: Andy Ross
Year: 2009
Length: 4:29
Album: It's That Girl Again


Basiaの4枚目のアルバムから。
ポーランド人シンガー・ソングライターBasiaは1980年代から1990年代にかけて人気がありましたね。彼女は日本でもお洒落サウンドの代表格として非常に有名でした。
彼女は1994年にアルバムThe Sweetest Illusionを発表して以来、スタジオ・アルバムを制作していませんでした。The Sweetest Illusionは日本でもヒット・チャートの上位にランクされたポピュラーな作品でしたね。
2009年に発表された彼女のアルバムIt's That Girl Againは15年ぶりにリリースされた作品でした。アルバムに収録されたほとんどの楽曲はBasiaとDanny Whiteによって書かれ、アルバムのプロデュースも二人によってされています。
Blame It on the Summerはアメリカのロック・バンドOK GoのメンバーAndy Rossによって書かれた曲です。これはアメリカとヨーロッパでリリースされ、アメリカのジャズ・チャートにランクされました。


From the fourth album by Basia.
Polish singer-songwriter Basia was popular in the 1980s and the 1990s. She was a very famous as a representative of the fashionable sound in Japan.
She did not produce her studio albums since her previous album The Sweetest Illusion in 1994. The Sweetest Illusion was a so popular album which was ranked in the Japanese hit charts.
In 2009, her album It's That Girl Again announced, was a work released after an interval of 15 years. Most songs recorded in the album were written by Basia and Danny White, the album also was produced by the two.
Blame It on the Summer is a song that was written by Andy Ross who is a member of American rock band OK Go. It was released in the United States and Europe, and was ranked in the American jazz chart.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |

No Broken Hearts by Bebe Rexha featuring Nicki Minaj

Writers: Bebe Rexha, Onika Maraj, Jacob Kasher Hindlin, Koko LaRoo
Year: 2016
Length: 4:00
Album:


Bebe Rexhaのシングルから。
Bebe Rexhaこと、Bleta Rexhaはニューヨークのブルックリン出身のシンガー、ソングライター、レコード・プロデューサーです。彼女はソングライター、また、個性的なボーカリストとして注目を集めています。
2009年に、彼女はロック・バンドFall Out BoyのベーシストPete Wentzが立ち上げた音楽プロジェクトBlack Cardsのリード・シンガーとして加入したところから、彼女のミュージック・キャリアが始まっています。彼女は2012年にバンドを離れ、ソロ活動を模索するようになりました。
彼女は2013年にEminemがRihannaをフィーチャーしたThe MonsterやSelena GomezのアルバムStars Danceに収録されたLike a Championなどでみられるように、ソングライターとして彼女は成功しました。同年には、彼女はWarner Bros. Recordsと契約を結び、EDMグループCash CashのシングルTake Me Homeにフィーチャーされるようになりました。
2014年には、ついに彼女はファースト・シングルI Can't Stop Drinking About Youをリリースしました。翌年、彼女のデビューEP I Don't Wanna Grow Upもリリースされています。
No Broken HeartsはNicki Minajをフィーチャーしたシングルです。David GuettaのシングルHey Mamaについで、2度目のコラボレーションになりました。これは彼女のデビュー・アルバムのリード・シングルとして3月にリリースされました。


From the single by Bebe Rexha.
Bleta Rexha, also known as Bebe Rexha is a singer, songwriter, and record producer from Brooklyn, New York. She is attracting attention as a unique vocalist and a songwriter now.
In 2009, her music career has begun from she joined a new music project Black Cards as a lead singer which launched by Pete Wentz of a rock band Fall Out Boy bassist. But she left the band in 2012, to seek a solo career.
She was successful as a song writer in 2013, such as The Monster by Eminem featuring Rihanna and Like a Champion which was recorded on the album Stars Dance by Selena Gomez. The same year, she signed a contract with Warner Bros. Records, and was featured on the single Take Me Home by EDM Group Cash Cash.
In 2014, she has released the first single I Can't Stop Drinking About You finally. The following year, her debut EP I Don't Wanna Grow Up also was released.
No Broken Hearts is her new single featuring Nicki Minaj. It is the second collaborative song with Minaj, next to the single Hey Mama by a French producer David Guetta. It was released as the lead single from upcoming her debut album in March.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
B | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

ブログランキングならblogram にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



ソニーストア

WOWOW

サントリーウエルネスオンライン

ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)

ファンケルオンライン

ソニーストア

Bose SoundSport in-ear headphones

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。