Easy Music Reviews

気なった洋楽をとりあげています。音楽や時間を共有できれば嬉しいです。 -I'm happy if we can share time and music through a review.-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 |

The Only Way Is Up by Yazz and the Plastic Population

Writers: George Jackson, Johnny Henderson
Year: 1988
Length: 4:02
Album: Wanted


Yazzのファースト・アルバムから。
Yazzこと、Yasmin Evansはイギリスのシンガーです。彼女は10代のころは陸上競技やバレーボール選手として活躍していたそうです。彼女は1983年にThe Bizのレコーディングに参加してクラブ・ヒットを制作しました。その後、エレクトロニック・ミュージック・デュオColdcutのシングルDoctorin' the Houseにフィーチャーされ、彼女は有名になりました。
彼女はレコード・レーベルBig Lifeと契約し、彼女のソロ・キャリアがスタートしました。1988年に、彼女のデビュー・シングルThe Only Way Is Upがリリースされました。これはインターナショナルなヒットを記録し、彼女の代表作になっています。これにつづいてリリースされたシングル、Stand Up for Your Love Rights、Fine Timeもヨーロッパを中心にヒットし、彼女のデビュー・アルバムWantedもイギリスでNo. 3まで上昇しました。


From the first album by Yazz.
Yasmin Evans, also known as Yazz is a British singer. She seemed to play an active part as track and field and volleyball player in the days of the teens. She created some club hits by participating in the recording of The Biz in 1983. After that, she was featured in the song Doctorin' the House by the British electronic music duo Coldcut in 1983, and she became famous.
She has a contract with the record label Big Life, her solo career was launched. In 1988, her debut single The Only Way Is Up has been released. It recorded the international hit, and has become her masterpiece. Following it, the singles were released, Stand Up for Your Love Rights and Fine Time also hit in Europe, and her debut album Wanted was also rose up to No. 3 in the United Kingdom.




続きを読む
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
Y | コメント:2 | トラックバック:0 |

Groovin' by The Young Rascals

Writers: Felix Cavaliere, Eddie Brigati
Year: 1967
Length: 2:30
Album: Groovin'


The Young Rascalsのサード・アルバムから。
アメリカのロック・バンドThe Young Rascalsは1965年にニュー・ジャージーのガーフィールドで結成されました。彼らは1965年にAtlantic Records からI Ain't Gonna Eat Out My Heart Anymoreでデビューして以降、短期間で3曲の全米No. 1ヒットを生み出しました。
Groovin'は彼らの代表曲のひとつです。この曲は日本でも度々テレビ・コマーシャルに起用され、耳にしたことがある人も多いと思います。これは彼らのサード・アルバムのタイトルトラックでもあり、彼らにとってGood Lovin'に次いで2曲目のNo. 1ヒット・ソングになりました。


From the third album by The Young Rascals.
American rock band The Young Rascals has been formed in Garfield, New Jersey in 1965. They created three U.S. No. 1 hit songs in a short term since they made their debut with I Ain't Gonna Eat Out My Heart Anymore from Atlantic Records in 1965.
Groovin' is one of their representative songs. The song was often used in Japanese television commercials, so I think there are many people that have heard it once. It is also the title track of their third album, and was the second No. 1 hit song for them next to Good Lovin'.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Y | コメント:2 | トラックバック:0 |

The Calling by Yes



Writers: Jon Anderson, Trevor Rabin, Chris Squire
Year: 1994
Length: 4:40
Album: Talk


Yesの14枚目のアルバムから。
Talkはイギリスのプログレッシブ・ロック・バンドYesが1994年にVictory Musicから発表したアルバムです。彼らの前作Unionが1991年にリリースされ、Talkは3年ぶりにリリースされました。しかもVictory Musicはインディー・レーベルでした。1990年代の前半には彼らの作品はコンピレーション系が多くリリースされていましたが、このアルバムはTrevor Rabinの自宅のスタジオのハードディスクに録音されたようです。
このアルバムはアメリカやイギリスにおいて適度なヒットを記録しました。The CallingとWallsがアルバムからシングルとしてリリースされ、これらがアメリカのロック系チャートでヒットしました。The Callingはアルバムからのリード・シングルでした。これはアメリカン・ロックみたいなスタイルですが、やはり一筋縄ではいかないセンスです。


From the 14th album of Yes.
Talk is an album that the British progressive rock band Yes released from Victory Music in 1994. Their previous work Union was released in 1991, Talk was released for the first time in three years. And Victory Music is an indie label. As for their works, several compilation albums were released in the early-1990s, but the album seemed to be recorded in the hard disk of the home studio of Trevor Rabin.
The album was recorded a modest hit in the United States and the United Kingdom. The Calling and Walls were released as singles from the album, they were hit in the United States rock chart. The Calling was a lead single from an album. It is like an American rock style, but it has tricky musical sense.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Y | コメント:0 | トラックバック:0 |

King by Years & Years



Writers: Oliver Alexander Thornton, Resul Emre Turkmen, Michael Thomas "Mikey" Goldsworthy, Mark Ralph, Andrew "Andy" Smith
Year: 2015
Length: 3:33
Album: Communion


Years & Yearsのファースト・アルバムから。
Years & Yearsは2010年にロンドンで結成されたエレクトロニカ・バンドで、フロントマンそしてキーボードプレイヤーOlly Alexander、ベーシストMikey Goldsworthy、シンセ・プレイヤーEmre Türkmenで構成されています。彼らのサウンドはR&Bと90年代のハウス・ミュージックの要素をブレンドしたエレクトロポップと表現されています。
彼らは2012年にシングルI Wish I Knewでデビューしました。バンドはこの時点では5人組みで活動していました。
彼らはスリーピースになり、フランスのレコード・レーベルKitsuné Recordsと2013年に契約し、シングルRealをリリースしています。Kitsunéレーベルから彼らはEPとシングルをリリースし、翌年には大手Polydorとの契約に至っています。
デビュー・アルバムCommunionはPolydorから先日リリースされたばかりの作品です。これは早くもイギリスでNo. 1を獲得し、現在大ヒット中です。2月にリリースされたシングルKingがUKシングル・チャートでNo. 1ヒットを達成したのをはじめ、多くの国でトップ10にランクされました。


From the first album of Years & Years.
Years & Years in the electronica band formed in London in 2010, consists of frontman and keyboard player Olly Alexander, bassist Mikey Goldsworthy, and synth player Emre Türkmen. Their sound has been described as electro-pop blended with elements of '90s house music and R&B.
They debuted with a single I Wish I Knew in 2012. The band had been active in a five-piece at this point.
They turned to a three-piece band, contracted with the French record label Kitsuné Records in 2013, and has released the single Real. They released the EPs and single from Kitsuné label, following year they signed with a major label Polydor.
Their debut album Communion is the work which was just been released from Polydor recently. It won the No. 1 in the UK, and is currently a big hit over the world. Their single King which released in February was ranked as top 10 hit in many countries including achieving No. 1 hit in the UK single chart.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Y | コメント:0 | トラックバック:0 |

Love Will Find a Way by Yes






Writer: Trevor Rabin
Year: 1987
Length: 4:50
Album: Big Generator


Yesの12枚目のアルバムから。
イギリスのプログレッシブ・ロック・バンドYesが1983年の90125以来、4年ぶりにリリースしたスタジオ・アルバムです。このアルバムからはLove Will Find a Way、Rhythm of Love、Final Eyesがシングルとしてリリースされたが、いずれの作品もアメリカのロック・チャートでヒットしたため、アルバムのヒットを助けました。Big Generatorはアメリカではプラチナ・アルバムに認定されています。
Love Will Find a Wayはアルバムからのリード・シングルでした。これはTrevor RabinがアメリカのシンガーStevie Nicksに提供するために書いたと言われています。ユニークな間奏がプログレらしいのでないでしょうか。


From the 12th album of Yes.
It is a studio album British progressive rock band Yes released in 4 after since 1983 album 90125. Love Will Find a Way, Rhythm of Love and Final Eyes were released as a single from the album, they helped the hit of the album because each works made a hit in an American rock chart. Big Generator has been certified platinum album in the United States.
Love Will Find a Way was the lead single from the album. It's said that Trevor Rabin wrote it for American singer Stevie Nicks to perform. A unique interlude would be progressive rock.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Y | コメント:5 | トラックバック:0 |

Love Me by Yvonne Elliman

Writers: Barry Gibb, Robin Gibb
Year: 1976
Length: 3:22
Album: Love Me


Yvonne Ellimanの4枚目のアルバムから。
Yvonne Ellimanはハワイのホノルル生まれのシンガーです。彼女は高校を卒業するまでそこで過ごし、ロンドンへと向かいました。
ロンドンでは、彼女はバーやクラブで演奏していました。そのころ、作詞家Tim Riceと作曲家Andrew Lloyd Webberに見出され、ロック・ミュージカルJesus Christ Superstarではマグダラのマリアの役でアルバムのレコーディングに参加しました。このアルバムがリリースされたのちに、彼らは彼女を舞台のメンバーに加えて4年間を過ごしました。
彼女は1971年にJesus Christ SuperstarからのシングルI Don't Know How to Love Himでデビューしました。これはイギリスのみならず、広い地域でヒットしました。
その後、ニューヨークに戻った彼女は、Eric Claptonのヒット・ソングI Shot the Sheriffのバック・ボーカルに参加したのをきっかけに、Eric Claptonのツアーに同行しています。
シングルLove MeはBee GeesのBarry GibbとRobin Gibbによって書かれた曲です。Bee GeesがYvonne Ellimanよりも早くシングル・リリースしましたがこれはイギリスのみでのシングルだったために、Yvonne Ellimanのバージョンの方が広く認知されているようです。


From the 4th album of Yvonne Elliman.
Yvonne Elliman is the singer from Honolulu, Hawaii. She spent in there until she graduate from high school, moved to London.
In London, she had been playing in bars and clubs. She was found by the lyricist Tim Rice and the composer Andrew Lloyd Webber at the time and participated in recording of an album of the rock musical Jesus Christ Superstar as the role of Mary Magdalene. After this album was released, they added her to a member of the stage and spent four years.
She debuted in a single I Do not Know How to Love Him from Jesus Christ Superstar in 1971. It was not the United Kingdom only, was hit in a wide area.
Then, she returned to New York, in the wake of participated in the backing vocals of the hit song I Shot the Sheriff by Eric Clapton, has to accompany Eric Clapton tour.
Single Love Me is a song written by Barry Gibb and Robin Gibb of the Bee Gees. Bee Gees released a single earlier than Yvonne Elliman, but a version of Yvonne Elliman seems to be recognized widely because a version of the Bee Gees was released only in the U.K.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Y | コメント:0 | トラックバック:0 |

Roundabout by Yes



Writers: Jon Anderson, Steve Howe
Year: 1972
Length: 8:29
Album: Fragile


Yesの4枚目のアルバムから。
イギリスのプログレッシブ・ロック・バンドYesの歴史的なアルバムでしたね。Jon Anderson、Steve Howe、Chris Squire、Bill Brufordらの多才なメンバーに、このアルバムからキーボーディストTony Kayeに代わってRick Wakemanが加わり、新たな可能性をバンドにもたらすことになりました。
このアルバムは彼らにとって初めてアメリカで商業的な成功を収めた作品で、No.4まで上昇した記録がありました。イギリスでもNo. 7をランクしました。
このオリジナル・アルバムでは、9曲が収録されていますが、8分を越える曲が2曲収められています。それは、RoundaboutとSouth Side of the Skyです。Roundaboutはシングル用にエディットされた3分半ぐらいのバージョンが存在していました。
Roundaboutについては、アニメ ジョジョの奇妙な冒険のエンディング・テーマに使用されていたようで、世代を超えてファンを獲得したようです。


From the 4th album of Yes.
It was a historical album by British progressive rock band Yes. Rick Wakeman joined the band from this album because of keyboardist Tony Kaye departure. His joining brought a new possibility to a band with the members of Jon Anderson, Steve Howe, Chris Squire and Bill Bruford.
This album was the work which gained commercial success for them for the first time in the United States, and it has the record that rose to No. 4. And it also ranked No. 7 in the UK.
In the original album has been recorded 9 songs, and have been recorded two songs with more than 8 minutes. It is a Roundabout and South Side of the Sky. The single version of about 3 minutes and a half edited for singles existed in Roundabout.
As for Roundabout, it seemed to have been used for an ending theme of cartoon film JoJo's Bizarre Adventure, and they seem to have got the new fans beyond the generation.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Y | コメント:4 | トラックバック:0 |

Break the Cycle by You+Me



Writers: Dallas Green, Alecia Moore
Year: 2014
Length: 4:05
Album: rose ave.


You+Meのファースト・アルバムから。
You+Meはカナダ人シンガー・ソングライターDallas Greenとアメリカのシンガー・ソングライターAlecia Mooreによるフォーク・デュオです。Alecia Mooreって書くと分かりにくいですけど、要はロック・シンガーPinkのことです。
このアルバムはカントリーやフォークのサウンドで構成されています。落ち着いた楽曲ばかりなので、普段のPinkからは感じられない安らぎが得られます。もちろん、彼らのハーモニーも素晴らしく、ここが一番の聴きどころかもしれません。
Break the Cycleはアルバムからのセカンド・シングル。これはカナダでヒットを記録しています。アコースティックのメロディが美しく、Dallas GreenとAlecia Mooreのハモりが絶妙です。


From the first album of You+Me.
You + Me is a folk duo of Canadian singer-songwriter Dallas Green and American singer-songwriter Alecia Moore. In short, Alecia Moore is a rock singer P!nk.
This album is made up of a sound of country and folk. As it is only the calm musical pieces, the peacefulness which is not felt is obtained from usual P!nk. Of course, their harmony is also wonderful and it may be the first interesting point.
Break the Cycle is the second single from the album. It has been a hit in Canada. Acoustic melody is beautiful, harmonizing of Dallas Green and Alecia Moore is exquisite.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Y | コメント:0 | トラックバック:0 |

One Bedroom by Yellowcard



Writers: Ryan Key, Sean Mackin, Ryan Mendez, Nate Young
Year: 2014
Length: 4:35
Album: Lift a Sail


Yellowcardの9枚目のアルバムから。
フロリダ発のポップ・パンク・バンドYellowcardの最新作です。彼らは新しいサウンドにチャレンジしながらも、徐々にマイルドなサウンドになってきています。
今回のニュー・アルバムはHopeless Recordsから離れて、Razor & Tie Recordsからの第一弾です。このレーベルは新旧問わずに個性的なアーティストが契約しています。
この最新アルバムでは彼らのパンク・サウンドに期待している人は肩透かしを喰らうかもしれませんが、メロディが綺麗でポップな彼らのサウンドは健在です。
One Bedroomは8月にリリースされたアルバムからのファースト・シングル。一部ではColdplayみたいだと言われています。この曲はあまり評判が良くないですけど、メロディアスなスタイルは彼ららしい。エンディングのギターの音がクールな曲です。


From the 9th album of Yellowcard.
It is the latest work of the pop-punk band Yellowcard from Florida. They are becoming a mild sound gradually, though they are challenging a new sound.
This new album is away from Hopeless Records, is the first series from Razor & Tie Records. This label has contracted the unique artists to new and old.
Although it may be disappointed about those who expect their punk and emo sound in this newest album, their beautiful and pop melody is living.
One Bedroom is the first single from the album, which was released in August. There are some people who say that it is like Coldplay. This song is not so reputation, but it seems the melodic style like them. The sound of the guitar of the ending is cool song.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Y | コメント:0 | トラックバック:0 |

Always Summer by Yellowcard



Writer: Ryan Key
Year: 2012
Length: 3:10
Album: Southern Air


Yellowcardの8枚目のアルバムから。
Yellowcardはアメリカのポップ・パンク・バンドです。彼らは1997年にフロリダで結成されましたが、2000年よりロサンゼルスを拠点に活動しています。彼らのサウンドはLAらしく、とにかく軽快でメロディアス。聴きやすいものになっています。また、ヴァイオリンの音色がサウンドに深みをもたらしていて、これが彼らならではスタイルを構築する重要なピースになっています。
アルバムからのリード・シングルAlways Summerはあまりにキャッチー過ぎる曲で、思わず動き出したくなります。ギター・ソロならぬヴァイオリン・ソロが最高です。


From the 8th album of Yellowcard.
Yellowcard is a pop-punk band in the United States. They were formed in Florida in 1997 and are active based in Los Angeles from 2000. Anyway, their sound is melodic with lightness like L.A. It is easy to hear it. Moreover, the tone of the violin has brought depth to the sound and this has become the important piece which builds a no one but them style.
The lead single Always Summer from an album is too catchy song, and begins to want to come to move involuntarily. Violin solo not a guitar solo is the best.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Y | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

ブログランキングならblogram にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



ソニーストア

WOWOW

サントリーウエルネスオンライン

ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)

ファンケルオンライン

ソニーストア

Bose SoundSport in-ear headphones

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。