Easy Music Reviews

気なった洋楽をとりあげています。音楽や時間を共有できれば嬉しいです。 -I'm happy if we can share time and music through a review.-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告 |

Saturday Night by Whigfield



Writers: Larry Pignagnoli, Davide Riva
Year: 1993
Length: 3:40
Album: Whigfield


Whigfieldのファースト・アルバムから。
Whigfieldこと、Sannie Charlotte Carlsonはデンマーク出身で、イタリアを拠点に活動しているユーロダンス・シンガーです。彼女はモデルとして活動しながら音楽を勉強し、イタリアの音楽プロデューサーLarry Pignagnoliと出会ったことによって、インターナショナルな成功を収めました。
彼女のセルフ・タイトルのデビュー・アルバムは1996年にFLEX RecordsとSystematic Recordsを通じて発表されました。このアルバムは日本ではSaturday Night - Let's Whiggy Danceというタイトルでリリースされています。
Saturday Nightは彼女のデビュー・シングルで、スペインのProdiscレーベルから最初にリリースされました。翌年になり、シングルの販路がヨーロッパへと拡大されました。


From the first album by Whigfield.
Sannie Charlotte Carlson, also known as Whigfield from Danish and is the Eurodance singer who is active based in Italy. She studied music while working as a model, she made an international success by met with Italian music producer Larry Pignagnoli.
Her self-titled debut album was released in 1996 through the FLEX Records and Systematic Records. This album has been released under the title Saturday Night - Let's Whiggy Dance in Japan.
Saturday Night is her debut single, was released from Prodisc label in Spain first. Market for the song was expanded to Europe in the next year.




続きを読む
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
W | コメント:0 | トラックバック:0 |

No Woman by Whitney



Writers: Julien Ehrlich, Max Kakacek
Year: 2016
Length: 3:58
Album: Light Upon the Lake


Whitneyのファースト・アルバムから。
Whitneyは2015年にシカゴで結成されたアメリカのインディー・ロック・バンドです。2014年に解散したシカゴのインディー・ロック・バンドSmith WesternsのギタリストMax Kakacekとアメリカとニュージーランドのロック・バンドUnknown Mortal OrchestraのドラマーJulien Ehrlichが中心となってバンドが結成されています。
バンドは2015年にLead RidersレーベルからシングルNo Matter Where We Goをデジタル・リリースしてデビューしました。
先日、彼らのデビュー・アルバムLight Upon the LakeがSecretly Canadianを通じてリリースされました。これによって、彼らが2016年の初頭にリリースしたシングルNo Womanに注目が集まっています。No Womanはアコースティックなサウンドと個性的なボーカルが耳に残るナンバーで、ビデオ・クリップも含めて不思議な作品です。


From the first album by Whitney.
Whitney is an American indie rock band that was formed in Chicago in 2015. A guitarist Max Kakacek from Chicago indie rock band Smith Westerns which was disbanded in 2014 and a drummer Julien Ehrlich from American and New Zealand rock band Unknown Mortal Orchestra were formed the band.
The band made a debuted with the digital released single No Matter Where We Go through Lead Riders label in 2015.
The other day, their debut album Light Upon the Lake has been released through Secretly Canadian. So they released the single No Woman in early 2016 attracted attention. No Woman is a number of acoustic sound and unique vocal remains in the ears, it is a strange song including the video clip.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
W | コメント:0 | トラックバック:0 |

My Generation by The Who



Writer: Pete Townshend
Year: 1965
Length: 3:18
Album: My Generation


The Whoのファースト・アルバムから。
Roger Daltrey、Pete Townshend、John Entwistle、Keith Moonのメンバーによって、1964年にロンドンで結成されたのがイギリスのロック・バンドThe Whoでした。彼らはデビューしてから多くのヒット・ソングを作り出し、現在もバンド活動を続けています。特に、1960年代の彼らのサウンドは、ロック・ミュージック・シーンに大きな影響力を持っていると言われています。
彼らは1964年にシングルZoot Suitでデビューしました。しかし、これはThe High Numbersという名前でリリースされました。彼らのデビュー・アルバムMy Generationは1965年にイギリスでBrunswick Recordsからリリースされました。アメリカでは翌年のリリースになりました。
シングルMy Generationはアルバムの発表に先駆けてリリースされました。この曲はイギリスでNo. 2まで上昇する大ヒットになり、現在においても彼らの代表作のひとつと考えられています。


From the first album by The Who.
British rock band The Who was formed in London by Roger Daltrey, Pete Townshend, John Entwistle, and Keith Moon in 1964. They created a lot of hit songs from their debut, and they continue to play still. In particular, their sound of the 1960s is said to have a great influence in the rock music scene.
They debuted with a single Zoot Suit in 1964. However, it was released under the name of The High Numbers. Their debut album My Generation was released from the Brunswick Records in the United Kingdom in 1965. The album was released in the next year in the United States.
The single My Generation was released prior to the announcement of the same title studio album. The song became a big hit to rise up to No. 2 in the UK, and it has also been considered as one of their masterpiece in the present.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
W | コメント:2 | トラックバック:0 |

Waterfall by Wendy and Lisa



Writers: Wendy Melvoin, Lisa Coleman, Bobby Z
Year: 1987
Length: 5:03
Album: Wendy and Lisa


Wendy and Lisaのファースト・アルバムから。
Wendy and LisaはWendy MelvoinとLisa Colemanで構成されているアメリカの音楽デュオです。彼女たちはPrinceが結成したバンドThe Revolutionのメンバーでした。Wendy MelvoinはギタリストとしてPrinceのKissのミュージック・ビデオに登場していたので、日本でも見たことがある人は多いでしょう。彼女は双子の姉妹であるSusannahとバンドに参加していました。
彼女たちはPrinceのHit N Run - Parade Tourが終了後にバンドを離れ、Wendy and Lisaを結成しました。ふたりはColumbia Recordsと契約を交わし、デビュー・アルバムWendy and Lisaを1987年にリリースしました。
彼女たちのデビュー・シングルWaterfallはミドルテンポの曲で、ギター・ソロが気持ちいい作品です。


From the first album by Wendy and Lisa.
Wendy and Lisa is an American music duo, is configured with Wendy Melvoin and Lisa Coleman. They were the members of the band The Revolution that Prince has been formed. Japanese people would be seen Wendy Melvoin because she had appeared as a guitarist in the music video of Prince's 1986 hit Kiss. She was a member of the band with her twin sister Susannah.
They left the band after the Prince's Hit N Run - Parade Tour has finished, founded the duo. The two signed with Columbia Records, and released their debut album Wendy and Lisa in 1987.
Their debut single Waterfall is the middle tempo song, guitar-solo feels comfortable.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
W | コメント:2 | トラックバック:0 |

I'm Every Woman by Whitney Houston



Writers: Nickolas Ashford, Valerie Simpson
Year: 1993
Length: 4:47
Album: The Bodyguard


The Bodyguardのサウンドトラックから。
The Bodyguard (ボディガード)は1992年に公開された映画で、Whitney HoustonとKevin Costnerの主演で国際的に大ヒットしましたよね。この映画のサウンドトラックといえば、「エンダァ~イヤァ~」でおなじみのフレーズで爆発的な売り上げを記録したI Will Always Love Youが超有名ですが、このアルバムにはAlan Silvestri、Lisa Stansfield、Joe Cocker、Kenny G、Aaron Nevilleらも参加していました。
I'm Every Womanはサントラからのセカンド・シングルとして1993年にリリースされました。この曲のオリジナルはChaka Khanが1978年に大ヒットさせたディスコ・ナンバーでした。Whitney Houstonのバージョンでは、Narada Michael Waldenによってプロデュースされ、この曲も国際的なヒットになりました。


From the soundtrack of The Bodyguard.
The Bodyguard is a movie that has been released in 1992, was a big hit internationally by the starring Whitney Houston and Kevin Costner. Speaking of the soundtrack of the movie, I Will Always Love You which recorded explosive sales was famous for the familiar phrase "And I~", but Alan Silvestri, Lisa Stansfield, Joe Cocker, Kenny G, Aaron Neville and others participated in the album.
I'm Every Woman was released in 1993 as the second single from the soundtrack. The original of the song was the disco number Chaka Khan made a big hit in 1978. In the Whitney Houston version, it was produced by Narada Michael Walden, this version also recorded an international hit.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
W | コメント:0 | トラックバック:0 |

One Headlight by The Wallflowers



Writer: Jakob Dylan
Year: 1997
Length: 4:38
Album: Bringing Down the Horse


The Wallflowersのセカンド・アルバムから。
The Wallflowersは1989年にロサンゼルスで結成されたロック・バンドで、これまでに6枚のスタジオ・アルバムをリリースしています。バンドはリード・シンガーJakob DylanとギタリストTobi Millerによって設立されましたが、バンドのメンバーは頻繁に変わっています。
彼らは1992年にVirgin Recordsからセルフ・タイトルのデビュー・アルバムでデビューしました。1996年にInterscope Recordsよりリリースされた彼らのセカンド・アルバムBringing Down the Horseが大出世作になっています。
6th Avenue Heartache、One Headlight、The Difference、Three Marlenasがアルバムからシングルとしてリリースされ、北米を中心にヒットしました。なかでもOne HeadlightはアメリカのTVドラマCold Case (コールドケース 迷宮事件簿)でもフィーチャーされるなど、彼らの代表作になっています。


From the second album by The Wallflowers.
The Wallflowers is a rock band that was formed in Los Angeles in 1989, and they have released six studio albums to date. The band was founded by lead singer Jakob Dylan and the guitarist Tobi Miller, but the members have changed frequently.
They debuted with the self-titled debut album from Virgin Records in 1992. Their second album Bringing Down the Horse released from Interscope Records in 1996 became a large success work for them.
6th Avenue Heartache, One Headlight, The Difference, and Three Marlenas were released as the singles from the album, were a hit in North America., One Headlight was featured an American TV drama Cold Case, and was their masterpiece among them.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
W | コメント:0 | トラックバック:0 |

Can't Feel My Face by The Weeknd



Writers: Ali Payami, Savan Kotecha, Max Martin, Abel Tesfaye, Peter Svensson
Year: 2015
Length: 3:35
Album: Beauty Behind the Madness


The Weekndのセカンド・アルバムから。
The Weekndこと、Abęl Makkonen Tesfayeはトロント出身のシンガー・ソングライター、プロデューサーです。彼は2011年にミックステープHouse of Balloonsを彼自身のレコード・レーベルXOからリリースしデビューしました。彼はその年にThursday、Echoes of Silenceと連続してミックステープをリリースしています。
アルバムBeauty Behind the Madnessは2015年にリリースされ、カナダ、アメリカ、イギリスでNo. 1ヒットを記録する大ヒットになりました。The Hills、Can't Feel My FaceがシングルではアメリカでNo. 1を獲得しています。
Can't Feel My Faceはアルバムのセカンド・シングルとしてリリースされました。これはMichael Jacksonの楽曲とスタイルが比較され、頻繁に話題になっていました。先日のグラミー賞にもノミネートされるほど高い評価を勝ち得ています。


From the second album by The Weeknd.
The Weeknd, alias Abęl Makkonen Tesfaye is a singer-songwriter and music producer from Toronto. He has released his debut mixtape House of Balloons in 2011 from his own record label XO. He has released consecutively mixtapes Thursday and Echoes of Silence in the year.
The album Beauty Behind the Madness was released in 2015, it won No. 1 hit in Canada, the United States, and United Kingdom. The Hills and Can't Feel My Face have recorded the No. 1 in the United States as the singles.
Can't Feel My Face was released as the second single of the album. It is compared to Michael Jackson's music and style, had often become a topic. It has won a high reputation enough to be nominated for Grammy Awards the other day.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
W | コメント:0 | トラックバック:0 |

If I Let You Go by Westlife



Writers: Jörgen Elofsson, David Kreuger, Per Magnusson
Year: 1999
Length: 3:40
Album: Westlife


Westlifeのファースト・アルバムから。
アイルランドのボーイ・バンドWestlifeは1998年に結成され、Nicky Byrne、Kian Egan、Markus Feehily、Shane Filan、Brian McFaddenのメンバーで構成されていました。彼らは1999年にシングルSwear It AgainをBMGと RCAを通じてリリースしデビューしました。
同年の11月にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしています。アルバムからリリースされたシングルはSwear It Again、If I Let You Go、Flying Without Wings、I Have a Dream/Seasons in the Sun、Fool Againがありましたが、すべてのシングルがイギリスでNo. 1ヒットになっています。
If I Let You Goは彼らのセカンド・シングルでした。これはスウェーデンのヒット・メーカーJörgen Elofssonによって手掛けられていましたが、アルバムにはスウェーデン人のライターが数多く楽曲を提供しています。


From the first album of Westlife.
Irish boy band Westlife was formed in 1998, was composed of Nicky Byrne, Kian Egan, Markus Feehily, Shane Filan, and Brian McFadden. They debuted with a single Swear It Again through BMG and RCA in 1999.
They have released their self-titled debut album in the same year in November. Swear It Again, If I Let You Go、Flying Without Wings、I Have a Dream/Seasons in the Sun、Fool Again were released from an album, all songs gained No. 1 in the U.K.
If I Let You Go was their second single. It has been worked by Swedish hit maker Jörgen Elofsson, numerous Swedish song-writers provided to the album.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
W | コメント:0 | トラックバック:0 |

You Won't See Me Cry by Wilson Phillips

Writers: Wilson Phillips, Glen Ballard
Year: 1992
Length: 3:53
Album: Shadows and Light


Wilson Phillipsのセカンド・アルバムから。
アメリカのボーカル・グループWilson Phillipsが1992年にSBK Recordsを通じて発表したアルバムがShadows and Lightでした。彼女たちが1990年にリリースしたセルフ・タイトルのデビュー・アルバムはHold On、Release Me、Impulsive、You're in Loveなど多くの大ヒット・ソングを生み出し、アルバムもカナダでNo. 1ヒットを記録したのをはじめ、多くの国のヒット・チャートで上位にランクされました。
セカンド・アルバムであるShadows and Lightは彼女たちのファーストに比べれば地味な結果におわりましたが、アメリカではNo. 4まで上昇するヒットになりました。
アルバムからのリード・シングルとなったYou Won't See Me Cryは有名なソングライター、プロデューサーGlen BallardとWilson Phillipsによって書かれた作品です。彼女たちの美しいハーモニーが歌のオープニングから発揮されています。


From the second album of Wilson Phillips.
American vocal group Wilson Phillips released their 2nd album through SBK Records in 1992 was Shadows and Light. Their self-titled debut album which was released in 1990 contained many hit songs such as Hold On, Release Me, Impulsive, and You're in Love, it was high ranked in the hit charts in many countries, including recorded the No. 1 hit in Canada.
Their second album Shadows and Light has been ended in modest results when compared to their first album, and became a big hit to rise to No. 4 in the United States.
You Won't See Me Cry which became a lead single from an album was written by a famous songwriter and producer Glen Ballard and Wilson Phillips. As for the song, their beautiful harmonies are shown from the opening of the song.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
W | コメント:1 | トラックバック:0 |

New Moon Rising by Wolfmother



Writer: Andrew Stockdale
Year: 2009
Length: 3:43
Album: Cosmic Egg


Wolfmotherのセカンド・アルバムから。
Wolfmotherはオーストラリアのハード・ロック・バンドで、ボーカリスト兼ギタリストAndrew Stockdale、ドラマーMyles Heskett、ベーシスト兼キーボーディストChris Rossによって2000年にシドニーで結成されました。現在のバンド・メンバーはStockdale、ドラマーVin Steele、ベーシスト兼キーボーディストIan Peresで構成されています。
彼らはModular Recordingsから2004年にセルフ・タイトルのEPをリリースしてデビューしました。翌年、彼らは初のフル・レングス・アルバムをリリースし、そのなかのシングルWomanでグラミー賞を獲得しています。
彼らのセカンド・アルバムCosmic Eggは2009年にリリースされました。これも前作同様に国際的なヒットを記録しました。
New Moon Risingはセカンド・シングルとしてリリースされました。これはクラシック・ロックのテイストですが、自由なスタイルが楽しい作品です。


From the second album of Wolfmother.
Wolfmother is an Australian hard rock band, was formed by vocalist and guitarist Andrew Stockdale, drummer Myles Heskett, and bassist and keyboardist Chris Ross in Sydney in 2000. The current band members consists of Stockdale, drummer Vin Steele, and bassist and keyboardist Ian Peres.
They debuted with the release their self-titled EP from Modular Recordings in 2004. In the next year, they released their first full length album and won a Grammy Award by a single Woman.
Their second album Cosmic Egg was released in 2009. It recorded an international hit like a previous work.
New Moon Rising was released as the second single. The song is a classic rock taste, but it feels free style.




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
W | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

ブログランキングならblogram にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



ソニーストア

WOWOW

サントリーウエルネスオンライン

ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)

ファンケルオンライン

ソニーストア

Bose SoundSport in-ear headphones

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。